自動ペナルティになるとどうなる?見分け方!アクセス激減の原因はペナルティ?

ブログ

2020年1月にGoogleのコアアップデートがありました。

私はこのコアアップデートの次の日から、アクセスも表示回数も激減

どちらも1/10になってしまいました。

そうです!自動ペナルティをくらってしまいました。

ネットでいろいろ調べてみましたが、自動ペナルティになった時の見極め方に違いがありました。

私が体験したデータを元に、自動ペナルティになっているかの見極め方をご紹介していきます。

avatar

今回は、

・Googleのペナルティについて(簡単に)
・自動ペナルティになるとどうなる?
・改善後どう変化した?

についてご紹介していきます。

Googleのペナルティとは?

まずGoogleのペナルティについて簡単に紹介していきます。

ブログをしているとSNSなどからのアクセスよりも、検索エンジンからのアクセスが多いという方も多いのではないでしょうか。

この検索の順位などはクローラーというロボットが管理しています。

そしてGoogleのクローラーが、日本の検索エンジンのシェアの9割を占めていると言われています。

その為Googleからペナルティを受けてしまうと、かなりの表示回数、アクセス数の減少を受けてしまいます。

ペナルティの種類

Googleからのペナルティには2つの種類があります。

こちらも簡単にご紹介していきます。

手動ペナルティ

まず手動ペナルティとは、Googleのツール(サーチコンソール)から確認することができます。

メッセージが入っていたり、「手動による対策」というところから確認ができるようです。

もし表示回数やアクセス数が激減した場合は、サーチコンソールをチェックしてみましょう。

自動ペナルティ

もう一つのペナルティが、自動ペナルティです。

自動ペナルティは、ペナルティになっているかも分からなければ、どうしてペナルティを受けてしまったかも分かりません。

なので自分のサイトやサーチコンソールなどのツールを見直し、改善していくしかありません。

自動ペナルティになるとどうなる?

もしアクセスや表示回数が減ったからと言っても、必ずしも自動ペナルティになっているとは限りません。

例えば1位になっていた記事のいくつかだけが順位が下がってしまい、アクセスが減ってしまったということもあります。

では自動ペナルティのになっているかは、どうやって見極めたらいいのでしょうか。

ちなみに今回私は100%自動ペナルティを受けたとは言い切れません。

見極め方もGoogleが発表しているわけではなく、私の比較したデーター元に解説していますので、予めご了承ください。

avatar

アクセス数・表示回数が激減する


自動ペナルティを受けた時に、一番気づきやすいのかアクセス数と表示回数が激減してしまうことだと思います。

今回私はコアアップデートの翌日から激減しました。

上の図は、実際に私のサーチコンソールのアクセス数と表示回数のグラフです。

見て分かるように、急に減少していることが分かります。

コアアップデートで「低品質なサイト」「低品質なコンテンツ」とみなされてしまった可能性があります。

もしかすると、身に覚えがないという方もいらっしゃると思います。

私の場合は、記事がパクられ、内部リンクごとコピーされていました。

その為たくさんの被リンクがつき、自動ペナルティになってしまったのだと思います。

現在ブログを始めて半年の初心者なので、原因を探すのに苦戦しましたが、他人からの影響でペナルティを受けていることもあるので注意しましょう。

avatar

siteで検索してみる

自分のサイトや記事がインデックスされているか調べる方法に、「site:ドメイン」と検索して調べることが出来ます。

もしかすると間違ってインデックスされないようにしている可能性もあるので、一度は調べてみましょう。

私の場合であれば、「site:mi-mamablog.com」と検索します。

もし表示されるページ数が少なかったり、「見つかりません」となる場合にはサイトの設定を確認してみましょう。

自動ペナルティになると、表示されなくなるといいますが、私は表示されたので、見極めにはならないと感じました。

avatar

実際に検索してみる

実際に自分のブログを検索してみましょう。

自分の書いている記事のキーワードから検索するのもいいですが、サイト名で検索するとより分かりやすいです。

私の場合であれば、「みーママBlog」と検索してみました。

みーママBlogというサイト自体が少ないので、これまでは5位以内に必ず入ってました。

ですが、コアアップデートを受けてどんどん順位が下がっていきます。

そして1週間くらいすると50位くらいまで見ても、メインのサイトが表示されなくなってしまいました

他にもキーワードで調べてみました。

コアアップデート後に、1位から7位に落ちてしまった記事がありました。

7位にあるのですが、改めて検索してみると50位まで見ても表示されません。

ただ数時間すると、また7位に戻っているんです。

このように例え検索圏外に飛ばされたわけでもないのに、急に表示されなくなることが頻繁に起きるようになります。

サーチコンソールのURL検査

新しく記事を書いた時に、サーチコンソールから「URL検査」をして早くインデックスされるようにする方もいると思います。

私は初心者なので、なるべく早くインデックスされるようにすることがありました。

これまでは数分すると「URLはGoogleに登録されています」になっていました。

ですが、コアアップデート後から「インデックスできませんでした。エラーではありません」というような表示がされるようになりました。

もちろん翌日に再度試してみても、同じような表示がされます。

今回私は「被リンクの否認」と「著作権侵害による削除」をしたのですが、その後はまたすぐに登録されるように戻りました。

自動ペナルティの見極め方のまとめ

私は2020年1月のコアアップデートから、検索エンジンからのアクセス数と表示回数が激減してしまいました。

自動ペナルティになっているかの確認方法をいくつかしてみましたが、見極めにならないものが多かったです。

自動ペナルティになると必ずこうなる!とは言い切れませんが、実際に私がコアアップデートの前後と比較した内容をまとめてみました。

ただ自動ペナルティになった原因は、サイトによって違うと思います。

私はパクリサイトからの被リンクを否認したところ、改善されたところがありました。

・サイト名で検索されるようになった
・検索から記事が表示されなくなることが無くなった
・サーチコンソールのURL検査でエラーがでなくなった

まだ検索エンジンからのアクセス数や表示回数に変化はありませんが、また改善したら追記したいと思います。

パクリサイトからの被リンクにより自動ペナルティを受けていた場合には、このような特徴があります。
ペナルティを受けた原因が分からない方は、是非参考にしてみてください。
>>コアアップデートでサイト全体が順位現象!原因はパクリサイトの可能性?
タイトルとURLをコピーしました