1ヵ月検診の赤ちゃんの体重はどのくらい?お母さんの受診の内容は?

出産

赤ちゃんとの生活が始まって1ヶ月。

慣れない育児で戸惑ったことも多いと思いますが、1ヶ月経つと赤ちゃんはかなり成長していることに気づきます。

1ヵ月検診は赤ちゃんの成長も知ることが出来ますし、お母さんにとっても大切な検診になります。

そんな1ヵ月検診はどんなことをするのでしょう。

今回は、

・1ヵ月検診の費用は?
・1ヵ月検診とは?内容は?
・悪露について
・赤ちゃんの体重や身長は?
・1ヵ月検診の持ち物・行く時の注意点は?

についてご紹介していきます。

1ヶ月経つと、ミルクや授乳、おむつ替えなどが手馴れてくると思います。
1ヶ月順調に子育てができたこと自分を、しっかり褒めてあげましょう。

avatar

私が子育てが始まった時に調べたことや、不安だったことをこちらにまとめています。
是非参考にしてみてください。赤ちゃんとの生活がスタート!室温から準備するものまでご紹介【まとめ】

スポンサーリンク

1ヵ月検診の費用は?

まず1ヵ月検診にかかる費用についてご紹介していきます。

1ヵ月検診は住んでいる所にもよって違いますが、補助券を使うと検診を安くしてもらえたり、無料で受診することができます

ただ里帰り出産をされる場合は、住んでいる場所の補助券が使えない場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

後から払い戻しができないこともあるので、なるべく早く手続きをしておきましょう。

avatar

もし使えない場合や自分で負担をしなければいけない場合では、病院によっても変わりますが、一般的に3000~6000円くらいのところが多いようです。

この1ヵ月検診では、赤ちゃんやお母さんの体の変化や成長を見てもらう重要な検診です。

必ず受診するようにしてください

1ヵ月検診とは?内容は?


1週間検診や1ヵ月検診は、(出産した病院に)入院中に予約を取っていることが多いと思います。

基本的に出産した病院で、1週間検診や1ヵ月検診を受診することが多いと思います。

ですが里帰り出産をしていて、1ヶ月も実家にいない場合などは、他の病院などでも受診することが出来ます。

ただ予約を取る病院で、1ヵ月検診を受け付けていない場所もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

赤ちゃんの検診内容

赤ちゃんの検診内容では、赤ちゃんが順調に育っているか見てもらいます。

例えば赤ちゃんの体重から、しっかりミルクや母乳が飲めているか、量は足りているかを見てもらいます。

他にも身長や頭囲、胸囲などの測定もしてもらいます。

また赤ちゃんの視力や聴覚をチェックしたり、少しびっくりさせモロー反射がしっかりできるかなども見てもらいます。

今後も赤ちゃんの定期健診や予防接種がありますが、この時に不安なことは医師に相談してみましょう。

ちなみに私は、赤ちゃんのまつげが目に入るように生えているのが気になりましたが、問題無いと言われました。
生後1歳を過ぎたころには、入らなくなりましたが、不安に思ったことは聞いておきましょう。

avatar

母乳外来の内容

次に母乳外来も受診することが出来ます。

私が行った病院では1ヵ月検診では、受診してもどちらでもいいということでした。

たまたま医師の先生が出産に入っていた為、かなり待ったので今回私は受診しませんでした。

avatar

1週間検診ではかなりお世話になり、母乳の量や飲ませ方が不安な方は是非受診しましょう

母乳の量が少ないと感じる方は、授乳の前にマッサージしてみましょう。

この方法は助産師さんに教えてもらった方法です。
入院中に教えてもらいましたが、これをやってから母乳が出始めるようになりました。
是非参考にしてみてください。
母乳マッサージは痛くない?母乳が出ない!【ゴッドハンドの助産師に出会う】

お母さんの検診内容

1週間検診ではお母さんの検診はほとんどなかったと思いますが、1ヵ月検診ではしっかり見てもらいます。

まずお母さんの問診から入り、体の不調や心配なことがあれば医師に相談してみましょう。

私は妊娠中からニキビや湿疹ができるようになってしまいました。
出産したら治ると甘く見ていましたが、逆に悪化してしまったんです。
こういったニキビや湿疹などの肌のトラブルについては、こちらを参考にしてみてください。
【妊娠中・産後】ホルモンバランスで肌荒れしやすい?産後8ヵ月まで苦しんだ肌荒れの対処法

次に子宮が元の大きさに戻ってきているか、悪露の量などを見てもらいます

出産してしばらくは子宮が収縮する痛みだったり、悪露の量が多くびっくりしますよね。

出産してから1ヶ月が経つと、悪露の量もかなり減ってきていると思います。

悪露が終わるのには、個人差がありますが1ヵ月以上続くので安心してください

この1ヵ月検診で、異常がないと湯舟にもゆっくり入れるようになりますよ。

1ヵ月検診で異常がないと言われても出血が止まらない、注意しなければいけない症状があります。
悪露が終わる目安や対処法についてまとめているので、是非参考にしてみてください。
産後の悪露はいつまで?出血が止まらない時はどうしたらいい?【体験談】

1ヵ月検診では子宮の様子も見てもらうので、脱ぎやすい服装にしておくと楽ですよ。
脱ぎやすい靴とスカートがおすすめです。

avatar

赤ちゃんの体重や身長は?

1ヶ月検診では、赤ちゃんの体重や身長なども測定します。

産まれて1ヶ月しか経っていませんが、体重も身長も成長が早くびっくりします。

1ヶ月経った赤ちゃんは、一般的に身長は4㎝、体重は1㎏くらい増えています

あんなに小さな体なのに、これだけの成長をするなんてびっくりですよね。

生後3ヶ月になると、産まれた時の約2倍の体重になっているんですよ。

avatar

ちなみにわが子の身長は、4.4㎝、体重は1227g増えていました

わが子はミルクと母乳の混合です。

大きくなってからも赤ちゃんらしいふっくらした体系にはならず、少し筋肉質な感じでした。

赤ちゃんが大きくなるのは大切なことですが、体重の増えすぎもよくありません。

特にミルクは太りやすく、赤ちゃんも満腹でも飲んでしまうので量を守るようにしましょう。

またミルクは腹持ちがいいので、あげる時間が短すぎるとお腹の負担になってしまいます。

2時間半から3時間は開けるようにしましょう。

赤ちゃんがふっくらするのは、動く練習をしたときにクッションの役割をするために脂肪がついていくそうです。
ふっくらしすぎても動きにくいので、体重管理も大切です。

avatar

1ヵ月検診の持ち物・行く時の注意点は?

持ち物や行く時の注意点については、1週間検診と基本的に同じです。

もし1週間検診に行っていないという方は、こちらも是非参考にしてみてください。

行くまでの時間や受診していると結構時間がかかってしまうことがあるので、持ち物には特に注意しましょう。

1ヵ月検診についてのまとめ

赤ちゃんとの生活が始まって1ヶ月。

これまで沐浴に入れたり爪を切ったりするのも怖いと感じていた方も、少しずつ育児に慣れてきたのではないでしょうか。

1ヵ月検診では、生活をしてみて不安だったことよく分からないことなどは、助産師さんや医師に相談してみましょう。

「母乳があまり出ない、飲ませずらい、ゲップがうまく出せない」などの場合は、母乳外来を受診してみましょう。

1週間検診や1ヵ月検診以外でも予約をすれば受けれますので、こちらも活用しましょう。

また、1ヵ月検診はお母さんの子宮の戻りや悪露の状態、体調なども見てもらいます

問題がなければお風呂に入れるようになりますが、もう少し悪露が続く方もいます。

ただまだまだ出産の疲労が残っているので、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、家族の人に助けてもらうようにしましょう。

夜のミルクや授乳が落ち着くまで寝不足が続くと思いますが、3ヵ月を過ぎてくるころには少しずつまとまって寝てくれるようになってきますよ。

avatar

タイトルとURLをコピーしました