赤ちゃんが便秘になったら綿棒浣腸!【この粉ミルクは便秘になりやすい?】

新生児

産まれたばかりの赤ちゃんは、粉ミルクや母乳しか飲むことが出来ません。

水分を多く飲んでいるので、便秘になるわけがないと勝手に思い込んでいました。

ですが、出産後に家に帰るとわが子が3日も急にうんちをしなくなってしまったんです。

おむつを替えるたびに出ているくらい快便だったので、かなり焦りました。

avatar

そんな時に初めて綿棒浣腸をしたのですが、初めての時はうまくできませんでした。

また粉ミルクを変えてから便秘になってしまい、今の粉ミルクに安定しました。

今回は、

・何日出ないと便秘?
・赤ちゃんが便秘になりやすい原因
・便秘改善の改善方法
・綿棒浣腸のやり方・コツ
・便秘になりやすかった粉ミルク

についてご紹介していきます。

何日出ないと便秘?

まずうんちが出ないと心配になりますが、実は何日出ないと便秘というのは決まっていないのだそうです。

というのも、毎日快便の子もいれば、2日に1回や3日に1回出るという子もいます。

その子の体質もあるので、「毎日出ないと便秘」というわけではありません

ただこのような症状が出た場合は、綿棒浣腸をしてあげましょう。

・赤ちゃんの機嫌が悪い
・うんちが硬くなっている
・出す時に苦しそう、痛くてグズる
・食欲がなくなっている
・下っ腹が張っている

ちなみにわが子は、粉ミルクを変えてからは2日に1回は出るようになりました。

たまに2日まるまる出ない時には、綿棒浣腸をするようにしていました。

avatar

赤ちゃんが便秘になりやすい原因

産まれたばかりの赤ちゃんは、特に便秘になりやすい子が多いです。

大きくなってくると綿棒浣腸をしなくても、自分で頑張って出せるようになってきます。

わが子も、生後1ヵ月くらいまでしか綿棒浣腸をしませんでした。

avatar

運動不足で出にくい

便秘になった時に、大人ではよく運動をしたらいいと言われることがあると思います。

運動をすることで腸が動いたり、食べたものが下におりやすくなります。

ただ産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ寝返りもできないので便秘になりやすいんです。

動けるようになるとお腹の筋肉もついてくるので、踏ん張る力もついてきます

そうなると出やすくなってきますよ。

内臓機能が未発達のため

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ体が未発達です。

吐き戻しをしてしまうことがあるのと同じように、消化する力も弱く哺乳瓶なども消毒しないとお腹を壊してしまうことがあります。

また、これまで出ていたのに生後2~3ヵ月くらいから、便秘になったという子もいます。

この頃になると内臓機能がに発達して、体の中にためることができるようになります。

そのため出にくくなる子もいます。

内臓機能が未発達の場合は、ゲップがうまく出せなかったり、しゃっくりが出やすくなります。
改善方法についてまとめていますので、是非参考にしてみてください。
>>赤ちゃんのゲップの出し方!【出ない時の対処法や出やすい抱き方は?】>>【しゃっくりの止め方】赤ちゃんはしゃっくりが多い理由と対処法

ミルク・母乳や水分が不足している

ミルクや母乳が足りていない場合にも、便秘になってしまうことがあります。

というのも、飲む量が少ないと出るものも出ません

便秘になり、より食欲が無くなってしまうこともあります。

母乳であれば赤ちゃんがどれだけ飲んだかというのは、分かりにくいので特に注意してあげましょう。

体重を計ったり、心配な場合は母乳外来でどれくらい飲んでいるかなど見てもらうのもいいですね。

また離乳食が始まると、水分が不足し便秘になることもあります。

ミルク以外にも、白湯や麦茶などをこまめに飲ませてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの便秘の改善方法は?

赤ちゃんの体質によって、排便の回数が少ないこともあります。

ただ大人でも溜まってしまうとしんどいですよね。

自然なお通じが来やすくするためにも、便秘の改善を助けてあげましょう。

お腹のマッサージをしてあげる

お腹をマッサージしてあげることで、腸が動き便秘が改善されやすくなります。

排便がなかった日や、回数が少ないというこは、お腹のマッサージをしてあげましょう。

やり方はいろいろありますが、参考にしてみてください。

足を回す

産まれたばかりの赤ちゃんは、運動不足なので足を動かしてあげましょう。

足の間がくっつくように足首の辺りを持ちます。

そこからおしりが浮くくらい大きく、足を回してあげましょう

※左右同じ回数してあげましょう。

足を動かす

同じく足の運動をしてあげます。

自転車をこぐような動きをゆっくりしてあげましょう。

また、足を曲げ、お腹にくっつける(ストレッチのような動き)動きも効果的です。

赤ちゃんの筋肉の発達も助けてくれますよ。

お腹をのの字にさする

お腹を時計回りにマッサージしてあげましょう。

手のひらを使って擦るようにしてください。

この時に強くする必要はありません。

数回のの字にマッサージしたら、赤ちゃんの左下のお腹(足の付け根のあたり)をさすってあげましょう

最後にうんちを流してあげるイメージです。(笑)

オリゴ糖を飲ませる

産まれたばかりの赤ちゃんが便秘になりやすいときには、オリゴ糖がおすすめです。

オリゴ糖は、腸内で善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

善玉菌が増えると、腸の活動が活発になり、便秘が改善しやすくなります。

赤ちゃんでも飲めるものも多いので、飲ませてあげましょう。

おしりを刺激してあげる

便秘の時には、おしり(肛門)を刺激してみましょう。

おむつを替えるついでに、おしりふきなどでおしりをぐりぐり刺激してみましょう。

もちろん優しくしてあげましょう。

綿棒浣腸をしてあげる

運動やマッサージなどを試してみても出ない場合には、綿棒浣腸をしてあげましょう。

綿棒浣腸はおしりを刺激してあげることにより、赤ちゃんが力を入れます。

おしりをキュッとしめることで力が入り、出やすくなります

初めての時はうまく入らない!と焦ってしまうかもしれませんが、おしりに力が入ることが大切なので無理はしないようにしましょう。

やり方はこの後解説します。

私も1回目はうまくできませんでした。
1週間検診でコツを聞いてから、うまくできるようになりました。

avatar

浣腸をする

綿棒浣腸をしても出ないという場合には、浣腸も考えてみましょう。

ただ内臓機能が未発達なため、医師に相談してから行いましょう。

というのも、何か病気などが原因で出にくいということもあります。

※取り扱い説明書にも「生後3カ月以下の赤ちゃんは、必ず医師に相談してから使用」という記載があります。

>>イチジク浣腸


綿棒浣腸のやり方・コツ

綿棒浣腸のやり方を説明していきます。

準備するもの

始めにこのようなものを準備しておきましょう。

普通の綿棒

子供用の細い綿棒は、奥まで入りすぎてしまうことがあるので使わないようにしましょう。

ベビーオイル(ワセリンやオリーブオイルでも可)

私はベビーオイルを使っていましたが、するんと入るのでやりやすかったです。


下に敷くもの

お尻の下に敷くものを準備しましょう。

新聞などでもいいのですが、おしっこをしたときに染みてきたり、はじいて運んでいる時にこぼれてしまうことがあります。

なのでペット用のおしっこシートは使いやすくおすすめです。

普段のおむつ替えでも使えますし、寝返りができるようになったり、背中まで漏れてしまった時などにも大活躍でした。

avatar


ティッシュやおしりふきなど

ベビーオイルをしみこめせる時や、おむつ替えをする時のものを準備しておきましょう。

綿棒浣腸のやり方・コツ

綿棒にベビーオイルをしみこませる

始めに綿棒にしっかりとベビーオイルをしみこませておきましょう。

この時につける量が少ないと、うまく入りにくくなってしみます。

ティッシュなどに取り、多すぎるくらいつけておくのがポイントです。

綿棒をおしりに入れる

赤ちゃんを仰向けに寝かせ、お尻の下におしっこシートなどをひき、おむつを開けます。

両足を上にあげるようにして、もちあげましょう。

綿棒をおしりに入れていきますが、始めは綿棒についているオイルをおしりにつけるようにツンツンするようにつけます。

そのままゆっくりと綿棒の綿が入るくらいまで入れてあげましょう。

この時におしりがキュッとなってうまく入らないという時は、赤ちゃんの下(背中側)を綿棒で押さえるようにすると入りやすくなります

もし入らなかったとしても、キュッと力が入っていることが大切なので、無理はしないようにしましょう。

綿棒が入ったら円を描くようにゆっくり動かします

綿棒を抜く

綿棒を優しく抜き、少し時間をおきましょう。

この時に綿棒浣腸をしている時に排便することもあるので、出ても大丈夫なような下にひいておいてくださいね。

また、めんぼうにうんちがついていると、そこまで下りてきているという証拠になります。

ついている時は少し時間をおいたら出やすいので、少し様子をみてあげましょう。

お腹のマッサージをする

綿棒浣腸をしたときに出なかった場合には、お腹のマッサージをしてあげましょう。

上で説明したのの字のマッサージをしてあげましょう。

出なかった場合は、時間をおいて出ていないか確認してみましょう。

便秘になりやすかった粉ミルク

便秘になった時に、粉ミルクを変えてみるのもおすすめです。

というのも、私が出産をし退院する時に、病院で使っていた残りの粉ミルクを貰って帰りました。

数日はその粉ミルクを使っていたのですが、無くなり準備していた「ほほえみ」に変えました。

その日から、便秘になりまる3日出なくなってしまいました

病院に電話し綿棒浣腸を試して数時間後にやっと出たのですが、その後もよく便秘になっていました。

その時に使っていたのが「ほほえみ」の粉ミルクです。

ほほえみは他の子も便秘になる子が私の周りには多かったです。

病院で使っていた粉ミルクは「すこやか」です。


「すこやか」に戻してからは、毎日か2日に1回は出るようになりました。

もちろん赤ちゃんに合う合わないがあると思いますが、わが子は「すこやか」があっていたみたいです。

もし便秘で悩んでいる方は、「すこやか」を試してみてください。

ただ試す時も、味が変わると飲んでくれなくなることもあるので、たくさんやりすぎるのも注意しましょう。

赤ちゃんの便秘についてのまとめ

産まれたばかりの赤ちゃんは、便秘で悩む方が意外にも多いです。

わが子も退院後便秘に悩みました。

便秘が続くと、赤ちゃんも苦しくなったり食欲が落ちてしまうこともあります。

改善方法を試してみましょう。

・お腹のマッサージ
・オリゴ糖
・おしりを刺激する
・綿棒浣腸をする
・浣腸をする※医師に相談

その子の体質で出にくいということもあるので、毎日出ていなくても機嫌が悪くなければ問題ありません

心配であれば定期健診や予防接種の時に相談してみましょう

タイトルとURLをコピーしました