男性の外見モテは服装と髪型で決まる!【パーティーのセットのやり方】

育児

結婚式や披露宴、パーティーなどに招待していただきました。

男性の服装であれば、スーツが一般的ですよね。

「スーツは揃えたけど髪型はどうしたらいいのか分からない」
「普段セットしないから、やり方が分からない」

と悩む方も多いのではないでしょうか。

式典やパーティーなどのフォーマルな場面では、髪をセットしていかなくてはマナー違反になってしまいます。

とは言っても女性のように髪のセットだけを美容院に予約するのも頼みにくいですよね。

今回はパーティーの男性の髪型の注意点やセットの方法についてご紹介していきます。

男性のスーツ姿が素敵に見えるという女性は多いですよね。

髪型もしっかりセットをしてかっこよく決めてパーティーに参加しましょう。

いつもスーツを着ないという方はイメージも変わり、ギャップで好意を持たれてしまうこともあるかもしれませんよ。

avatar

男性の髪型の注意点

それでは式典やパーティーに参加する際にどのようなことに注意していけばいいのでしょうか。

ボサボサの髪型や何もセットせずに行ってしまうと、マナー違反だけではなく、浮いてしまい恥ずかしい思いをしてしまいます。

ではどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

清潔感が大切

まずセットで大切なことは、清潔感のある髪型にすることです。

先ほどもお話ししましたが、ボサボサの髪型ではイメージが悪くなってしまいますし、新郎新婦の友人と紹介されるにしてもマナー違反などで恥をかかせてしまうこともあります。

後頭部などは鏡がないと見えませんので寝ぐせなどがついていないか、時間をもって朝準備するようにしましょう。

avatar

せっかくきまっているスーツ姿も、寝ぐせがついていたりボサボサな髪型だと台無しだよね。

だらしなく見えてしまいますし、他の方も不快にしてしまうことがありますので、注意してくださいね。

avatar

派手すぎる髪型はNG

派手すぎる髪型はマナー違反です。

一般的には金髪だったり、マニキュアなどで原色のカラーを入れているような髪型はふさわしくありません。

ですが、芸能人の方やユーチューバーの方の結婚式などで、派手な髪型で参列されているような方も見かけますよね。

仕事柄や新郎新婦にもよると思いますが、基本的にはマナー違反になりますので、派手すぎる髪型は避けましょう。

崩れないようにセットをする

セットは崩れないようにするのが、とても大切です。

マナー違反になるというわけではないですが、見栄えがよくありませんよね。

例えば行く時はセット出来ていても、後からぺったりした髪型になってしまうと残念ですよね。

極端な例ですが、髪の毛を洗っていないような髪型に見えたり、バランスが崩れてしまうことがあります。

ワックスなどでセットした後は、ハードスプレーを全体に振るようにしましょう。

特に雨の日は崩れやすくなりますので、注意してくださいね。

ロングヘアの場合はまとめる

男性の方でも髪の毛を伸ばしている方を見かけますよね。

普段からまとめている方もいらっしゃいますが、パーマをかけ下ろしているという方もいらっしゃいます。

ですが、下ろしている髪型はフォーマルな場面ではふさわしくありません。

清潔感がないと思われてしまいますので、必ずまとめるか、まとめなくてもいいくらいの短めに切るようにしましょう。

どんな長さの髪型でもボサボサの髪型では、「だらしがない人」「清潔感がない人だな」と悪い印象を与えてしまいます。
清潔感のある髪型のセットは、とても大切なマナーですね。

avatar

 

この投稿をInstagramで見る

 

GreeHAIRPRODUCEchibaさん(@greehairproducechiba)がシェアした投稿

基本のセットの仕方

「セットはしたいけど、どうしたらいいか分からない」
「セットをしてみたけど、うまくできたか分からない」

ということもありますよね。

ここからは基本となるセットの仕方についてご紹介していきます。

セットをする前の土台を作る

「今日のセットはうまくいかない・・・」
「今日はトップのボリュームがしっかり出せた」

など、日によってセットが変わってくるということはないですか。

そんな悩みのある方はセットをする時に、朝起きてそのままワックスなどの整髪料をつけていないですか

セットを作る前に、髪の毛についてしまっている癖を取り除く必要があります。

寝ぐせをしっかりとる

寝ぐせを取る時に、ワックスなどをつけてごまかしたり、毛先だけ水で濡らしてなおしていませんか。

「ワックスをつけただけだと、後からまたはねていた」
「毛先だけ水で濡らしてもなおらない」

という経験はないですか。

実は毛先だけ水で濡らしてもなおらないんです。

「毛先がはねているため、毛先だけなおしたらいいや」と思いがちですが、寝ぐせは根本からなおさないといけません。

髪の毛の癖は水で濡らすとなおります。

時間がない時は霧吹きなどを使い、寝ぐせのところだけ根本から濡らすようにしてみましょう。

そうすると後からはねるということがなくなります。

くせ毛直しの整髪料もありますが、お水で十分ですよ。
スプレーなどで濡らす場合は、根元をしっかり塗らして少しこするイメージで髪の毛になじませてあげましょう。

avatar

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kousuke Urataさん(@koskeurata)がシェアした投稿

ベースを作る

「同じようにセットしているのに、うまくいく時とうまくいかない時がある」
「ワックスをつけてもうまくいかない」

という悩みがある方も多いのではないでしょうか。

そんな方は髪の毛を全体を濡らしましょう。

時間がない時は上記のように気になるところだけを霧吹きで濡らすとよくなりますが、結婚式やパーティーに行く時や特別なときだけでも全体を濡らすことがおすすめです。

そしてドライヤーで乾かしましょう

乾かす時のポイントですが、トップ(頭の頂点)はふんわりさせましょう。

トップがぺったんこになっているとバランスが悪くなってしまいます。

指と指の間でトップの髪の毛を挟み、上に引っ張るように持ち、そこにドライヤーの風を当てます。

そうすると根元の髪の毛が立ち上がります。
必ず根本が濡れていることが大切です。

次にサイド(横、耳周りなど)や襟足は、ボリュームが出ないようにしなければいけません。

もちろんもみあげが真横に向いているとおかしいですよね。

ボリュームが出ないように、上から風を当てる、手で押さえる、下に引っ張るように乾かしましょう。

トップはボリュームを持たせる、サイドは抑えるようにするとバランスがよくなります。

このベースを作っておくと整髪料を付けたときにセットがしやすくなります。
セットが苦手、という方は髪の毛を濡らし、ドライヤーでベースを作るようにしてみてください。

avatar

 

この投稿をInstagramで見る

 

yさん(@y.mooooon)がシェアした投稿

生え癖をなおす

「毎回同じところが割れている」
「前髪を反対に流したいのにうまくいかない」

という時は、生え癖が原因でおこっていることが多いです。

生え癖は毛穴の向きのため、ずっとならないようにするということはできません。

ですが、乾かし方で割れや毛流れがよくなります

方法は上記と同じように根本が濡れていてドライヤーで乾かします。

後がつかないように気になるところから乾かすようにしましょう。

乾かす時はできればクシやコームを使ったり、手で流したり少し引っ張るように乾かします。

乾かし方は、どちらが先でもいいですが、右と左の方向に交互に流し乾かすようにしましょう。

そうすると生え癖が気にならなくなります。

前髪のぱっかり割れた生え癖は毎日しているとよくなりますので、髪型が変わった時などにも是非試してみてください。

avatar

 

この投稿をInstagramで見る

 

淀川純さん(@jjjohn0829)がシェアした投稿

ワックスをつける

次にワックスの基本的なつけ方についてご紹介していきます。

①ワックルを手に取り、手のひらにしっかりと伸ばします。
手を洗う時のように指の間までしっかりとこするようにしましょう。

②髪の毛の根元にワックスをつけていきます。つける順番は後ろ、トップ、サイドの順番です。
前髪は最後につけますので、まだつけないようにしてください。

ワックスが足りず付け足す時も、少量ずつつけるようにしましょう。

ワックスは根本のほうにつけるのがポイントです。
ワックスは頭皮にはつけないようにしますが、根本から1,2センチくらい開けたところにつけるようにしましょう。
イメージとしては、逆立てる、爆発させるようにする、髪の中に手を入れも見込むようにするとうまくいきます。

avatar

③根元についたら、中間、毛先につけていきます。

毛先につけるときは指を軽く曲げ、乾かす時のように左右に手を振るような感じでつけていきましょう。
そうすると毛束が出来てくると思います。

avatar

毛先に始めからつけてしまうと、ワックスの重さでペッちゃんこになっちゃうよ。

手に残っているワックス、もしくは足りない時は、根元につけるときよりも少なめでとるようにしましょう。

avatar

④ワックスがつき、ボリュームが出たら毛先を流したい方向に手ぐしで整えていきます。
この時にトップの髪の毛は、せっかくふんわりさせた根元を潰さないようにしてください。
サイドやもみあげ、襟足などは下に引っ張るようにボリュームを抑えましょう。

毛流れをどうしていいか分からないという方は、どんな髪型にしたいかを写真などで見つけてみましょう。

avatar

avatar

他にも美容院でセットの仕方を聞いたり、スタイリストさんがセットした髪型を写真を撮り残しておくと、後から参考にすることが出来るね。

自分の髪型なので自分の髪の毛の癖なども分かり、仕上がりのイメージもわきやすいね。

⑤残ったワックスで、前髪を整えます。
前髪は根元につけてしまうとベチャっとしたイメージになってしまいますので、中間から毛先につけるようにしましょう。

束感を出したり、毛流れを作るくらいのイメージで大丈夫です。

⑥最後に崩れないようにヘアスプレーを全体にかけていきましょう。
ヘアスプレーをすることでもちがかなりよくなります。

これで完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dear.さん(@dear.907)がシェアした投稿

ジェルのつけ方

次にジェルのつけ方についてご紹介していきます。

まずジェルはカチカチに固まります。

ですので、ヘアスプレーを使う必要はなく、一日髪型をキープすることが出来ます

そして、濡れたような質感を出してくれるのがポイントです。

①ジェルをつけるときには、髪の毛が濡れている状態にするとつけやすくなります。
塗れているとまんべんなくつけやすくなります。

髪の毛が渇いた時に、濡れていないところだけ束感がなくなってしまいますので、塗り残しがないようにしましょう。

avatar

②ジェルのセットの仕方は、ワックスのようなイメージでセットするやり方もあります。
ですが、クシを使ってぴっちりするやり方や、パーマ感を出すように握るように持ち上げるつけ方があります。

③ジェルは自然乾燥で大丈夫ですが、パーマの場合だけ乾かすようにしましょう。
パーマの時は自然乾燥してしまうと、ジェルの重さで髪の毛がまっすぐになりやすくなります。

パーマの乾かし方ですが、下から持ち上げるように、ふんわり握るようねイメージで髪の毛を持ち上げるように乾かしましょう。
ドライヤーは強風だと、こちらもまっすぐになりやすくなりますので、弱にして乾かしてください。

avatar

これで完成です。

固まるとカチカチになりますが、雨などに濡れてしまうと崩れてしまいますので注意しましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sit.aytがシェアした投稿

男性の人気の髪型

ではここからは「男性の人気の髪型」についてご紹介していきます。

ツーブロック

ツーブロックとはサイドや襟足を刈り上げ、上の髪の毛とつながっていない髪型のことを言います。

簡単に言えば、バリカンで短くしたところに、上の髪の毛が被さっているような髪型です。

ツーブロックは流行りだしてからずっと人気がある髪型です。

「サイドが横に広がるのが悩み」
「毛量が多くて量が気になる」

という方には、ツーブロックはおすすめです。

バリカンで短くしている幅によりますが、はたから見て分かるものと分からないくらいと様々です。

しっかり入れると、サイドがさっぱりし清潔感も出ますのでおすすめですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takuma Yasudaさん(@yasudatakuma)がシェアした投稿

オールバック

次にオールバックでが、こちらもツーブロックと組み合わされているような髪型が人気です。

オールバックと言えばジェルなどを使って、ぴっちり分けられているようなイメージがあると思います。

パーティーにもおすすめの髪型です。

パーティーでもよく見かけるかみがたですよね。

フォーマル感も出ますし、清潔感も出してくれますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

レアンドロ デンさん(@dennn1998)がシェアした投稿

ミディアムヘア

ミディアムヘアは、少し長さがあるので外はねにしたり前髪をあげたりと、いろんなアレンジが出来ます

基本的にトップにボリュームを、サイドや襟足はおさえると小顔効果もでやすい髪型です。

髪が伸びてきたり、もう量が増えてくるとセットがしにくくなるので、難しくなったらカットの時期だと思って下さい。

大人っぽさや色気が出せる髪型ですので、モテにもつながりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

森川樹さん(@vivace_tatsuki)がシェアした投稿

グランジヘア

グランジヘアとは、外国人のようなラフな髪型のことを言います。

グランジとは「汚い」という意味ですが、カジュアルな、少し毛先に癖があるような髪型のことです。

長さもショートやミディアムと様々です。

毛先に癖を出すのも、わざわざパーマをかけなくても、ワックスをつけるときに握るように丸みを出すようにするとくせ毛のような毛先が作れますので、是非試してみてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chura Treatさん(@chura_treat)がシェアした投稿

ベリーショート

ベリーショートとは名前の通り、短い髪型のことを言います。

ベリーショートは、清潔感や男らしさが出せる髪型があります。

また、髪の毛が短いとセットもしやすくなります。

ソフトモヒカンやツーブロックなど、トップを少し長めにするとバランスがよくなりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

quonheal 市川 広人 メンズヘアさん(@ichistagram._)がシェアした投稿

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「今までセットがうまくできなかった」という方も、土台をつくることでセットもしやすくなると思います。

また、ワックスやジェルのつけ方も参考にしてみてください。

セットは整髪料のつける量や、どっちに毛流れを持っていったらいいのかなど、まだまだどうしていいか分からないこともあると思います。

パーティーや結婚式の前に練習をしてみましょう。

作りたい髪型を探し参考にしたり、スタイリストさんがセットした髪型を写真を撮り、後から同じようにするとイメージがわきやすくなりますよ。

おすすめの髪型
・ツーブロック
・オールバック
・ミディアムヘア
・グランジヘア
・ベリーショート

フォーマルな場では清潔感のあるセットが大切です。
崩れないようにしっかりと固めておきましょう。

avatar

avatar

髪のセットのやり方も、普段から使える方法だから試してみてね。

タイトルとURLをコピーしました