もしかして縁起の悪い靴を選んでいない?【結婚式や二次会の靴のマナー】

育児

いきなりですが、みなさんは結婚式や二次会の靴のマナーをご存知ですか。

「え、靴のマナー? 」と不安になった方はいらっしゃいませんか。

実は靴のマナーは、1~2割の方が間違ったマナーで結婚式や二次会に行ったことがあるんです。

つまり5人に1人は間違ったマナーをしてしまったことがあります。

ですがマナー違反は周りの方を不快にしたり、恥をかいてしまうことも・・・。

今回はそんな靴や足元のマナーについてご紹介していきます。

間違いやすいマナーについて

オープントゥーはマナー違反

間違いやすいマナーとして、まずオープントゥーはマナー違反になります。

オープントゥーとはつま先が開いている靴になります。

その為、「妻(つま)」が「先」にいくという縁起の悪い意味になるため、結婚式や二次会などのおめでたい席ではマナー違反になってしまいます。

ちなみにオープントゥーがマナー違反になるのは日本のマナーです。

日本語の読み方が縁起が悪い意味になるので、海外の結婚式ではマナー違反になりません。

日本では春や夏に季節感を出すためについつい履いてしまいたくなりますが、マナー違反になってしまいますので避けましょう。

しっかりマナーを知っていないと、こんな失敗にも繋がってしまうことがあります。

以前友人の式の時にお店で一色ドレス関係を購入しました。
店員さんの勧めるがままに購入したのですが、
先程結婚式のマナーをみていて驚いたのが靴のつま先が空いたのはNG
ということです。店員さんのお勧めで購入したのはつま先の空いた靴。

YAHOO!知恵袋

カジュアルな靴もNG

オープントゥー以外にもマナー違反になる靴はたくさんあります。

例えばスニーカーやブーツ、ミュールなどはカジュアルですので、結婚式や披露宴等では失礼にあたります。

スニーカーやブーツはパーティードレスに合わないので履く方はいらっしゃらないとは思いますが、ミュールも間違いやすいので注意してくださいね。

サンダルは基本的につま先が出ているためNGですが、かかとにストラップなどがないミュールなどはマナー違反になります。

ベッドサイドシューズはマナー違反になりますので注意しましょう。

バイカラーはNG

バイカラーとは2色以上の色を使っているものになります。

色が「別れる」ため、意味として結婚式や披露宴などのおめでたい席では、縁起の悪いものになります。

つま先の部分やヒールの部分の色が違うデザインがよくあり可愛らしいのですが、マナー違反になってしまいますので控えましょう。

もちろんドレスもバイカラーのものはマナー違反ですので、合わせて注意してくださいね。

アニマル柄、皮の靴もNG

アニマル柄や皮でできている靴もマナー違反になります。

「殺生」の意味になる為、おめでたい結婚式や披露宴などの席では避けましょう。

またかざりでファーが飾りで一部についているものも、マナー違反になります。

「殺生」を連想させるものは避けるようにしましょう。

もちろん靴以外の羽織やカバンなども同様ですよ。

素足はNG

次は足元もマナーです。
結婚式や披露宴では、必ず素足ではなくストッキングを履くようにしましょう。

こちらも間違いやすいマナーですので注意しましょうね。

結婚式や披露宴はフォーマルな場になります。

素足での参列はマナー違反になってしまいます。

必ず肌色のストッキングを履くようにしましょう。

柄が入っているものもフォーマルな場には、ふさわしくないので避けてくださいね。

また、ストッキングの色にも注意をしましょう。

黒いストッキングは喪服を連想させてしまいます。

せっかくのおめでたい席ですので、そんなイメージを与えてしまうと台無しですね。

必ず肌色のストッキングを履くようにしましょう。

「肌色だと履いてないように見えて意味ないのでは? 」と若い方は思われるかもしれませんが、フォーマルな場面でのマナーです。
結婚式や披露宴では新郎新婦のご両親もいらっしゃいますし、マナーはしっかりと見られていますよ。

avatar

会場内のチャペルで行われる挙式にも参列予定だったので、足元は爪先が隠れるパンプスに肌色のストッキングで出席しました。
しかし、参列者の中にはストラップこそついてはいるが、どうみてもサンダルとしか言えないような靴をチョイスしている方が何名かいらっしゃいました。
ドレスも膝が隠れない長さのカジュアルなものだったり…
新婦側友人の女性はほとんどが20代後半でしたので、結婚式が初めてという方はいないと思うのですが…
他の披露宴の参列者ですが、黒のストッキングを着用している人もいて驚きました。
パーティー用のバッグに入らない荷物をショップの紙袋に入れて持っているのさえ気になってしまいます。
『今はそこまで気にしなくても大丈夫だから!』とよく耳にしますが『何でもあり!』みたいな感じがしてどうも納得できません。

YAHOO!知恵袋

どんな靴を選ぶべき?

それではここからはどんな靴を選ぶべきなのかをご紹介していきましょう。

パンプスが基本

結婚式や披露宴はフォーマルな場所になります。

そんな場所には、パンプスを選ぶようにしましょう。

パンプスは露出の少なく、正装になるためフォーマルな場面で最適です。

上でもご説明しましたが、オープントゥーやサンダルはフォーマルな場所ではマナー違反になります。

ヒールは3㎝以上

靴を選ぶときには、ヒールのないぺったんこの靴は避けましょう。

怪我をしていたり妊婦さんはぺったんこの靴を履けますが、その他の理由がない場合にはマナー違反になります。

低くてもヒールが3㎝以上あるものを選びましょう。

ヒールは足を長く見せてくれるだけでなく、足首がくびれたり、ふくらはぎがあがったりと足の形も綺麗に見せてくれます。

マナーを守るだけではなく、足も綺麗に見えると嬉しいですよね。

ヒールは細めを選ぶ

「ヒールに慣れていないから、太いヒールにしよう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒールは細いものを選びましょう

太いものはカジュアルに見える為、マナー違反になってしまいます。

「細いヒールだと移動が心配」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そこまでは別の靴で行くのも一つの手です。

ですが、荷物が増えてしまいますので、あまりおすすめはできません。

3㎝くらいの低めのヒールにし、ピンヒールまではいかなくても、細めのものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

オープントゥーの靴やストッキングなどのマナーは間違えていた、知らなかったという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

5人に1人が間違ったマナーをしたことがあるというほど、足元のマナーは見落としやすいものなんです。

結婚式や披露宴はフォーマルな場ですので、足元までしっかりとマナーを守りましょうね。

足ものとマナーについてまとめておきました。

是非参考にしてみてください。

・オープントゥーはNG
・カジュアルな靴(ブーツやスニーカー、サンダル)はNG
・バイカラーやアニマル柄、皮の靴は縁起が悪い
・肌色のストッキングを履く(素足はNG)
・ヒールは3㎝以上で細めのものを選ぶ

こうやって見ると足元のマナーもたくさんありますね。
見落としやすいマナーもありますので注意しましょうね。

avatar

タイトルとURLをコピーしました