ヘアアクセサリーのマナー!髪型も華やかに結婚式に参列しよう!

育児

結婚式や披露宴に御呼ばれをしました。

髪型は美容院でしてもらうにしても、自分でアレンジをするにしてもヘアアクセサリーは華やかに見せてくれる素敵なアイテムです。

着物を着るときに綺麗な面をだし、ヘアアクセサリーをつけないのも素敵です。

でも、ネックレスやピアス、バッグなどと同じように、ヘアアクセサリーも華やかに見せてくれますね。

自分でセットするならヘアアクセサリーがあると止めている場所を隠したり、まとめやすくもしてくれるのもうれしいですよね。

ですが、そんなヘアアクセサリーにもマナーがあることをご存知ですか

今回はそんなヘアアクセサリーのマナーやおすすめのヘアアクセサリーについてご紹介していきます。

髪型のマナー

まず結婚式や披露宴でのヘアスタイルのマナーについて簡単にご説明いたします。

せっかくヘアアクセサリーをつけておしゃれをしても髪型がマナー違反になっていてはせっかくのセットも台無しになってしまいます。

ヘアアクセサリーを選ぶ前に注意しましょう。

美容院でセットをしてもらっても、間違った髪型やヘアアクセサリーも注意をしてもらえなかったりということも多いですよね。
美容師さんでも結婚式や披露宴の髪型や、ヘアアクセサリーのマナーを知らないという方も多いようです。
しっかりとマナーを把握し、セットをお願いする時も簡単に「こんな感じの髪型にしたい」とお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

avatar

アップスタイルが基本

結婚式や披露宴に参列する際のヘアスタイルは、ダウンスタイル(髪の毛を下ろしたまま)はマナー違反になってしまいます。

結婚式や披露宴はフォーマルな場面になります。

フォーマルな場面ではアップスタイルが基本となり、ダウンスタイルはカジュアルなヘアスタイルとされるためマナー違反になってしまいます。

くくれる長さのあるロングやセミロングは、必ずアップスタイルにするようにしてください。

「ヘアアクセサリーにマナーがあるなら、違反にならないようにいっそのこと使わないほうがいいかも」と思っていらっしゃった方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、アップスタイルにする際は、ヘアアクセサリーがあったほうが華やかになるだけではなく、ピンや結び目を隠してくれる効果もあります。

自分でセットをする際はピンでとめたところが、ゴチャゴチャして汚く見えてしまったり、結んでいるゴムが見えてしまうことがありますよね。

仮でとめているヘアゴムはカジュアルなヘアアクセサリーとしてとらえられてしまいますので、隠す必要もありますね。

そんなときにヘアアクセサリーがあるととても便利ですよ。

ハーフスタイルは?

ダウンスタイルはマナー違反でもハーフスタイルならどうでしょうか。

こちらもフォーマルな場面では、カジュアルなヘアスタイルとみなされるためマナー違反になります。

髪の毛が下りていると清潔感がない、手を抜かれていると思われることがあります。

マナー違反だけでなく、周りからそんな目で見られると悲しいですよね。

ハーフスタイルもマナー違反になってしまいますが、ポニーテールや三つ編みなどでゴムで結んでるようなスタイルもマナー違反になります。

たしかにポニーテールや三つ編みなどは日常でも簡単にできるカジュアルなヘアスタイルですね。
フォーマルな場所にはふさわしくないですし、ヘアアクセサリーで飾ったからといってもマナー違反になってしまいます。

avatar

ショートヘアは?

ショートヘアだとアップスタイルにするのは難しいですよね。

ショートヘアであればダウンスタイルでもマナー違反にはなりません。

ですが髪を巻いてみたり、ワックスをつけてみたりセットは必ずするようにしましょう。

ここにヘアアクセサリーがあれば耳が出るようにとめたり、飾りがついているとセットされている感じが出ますし、フォーマル感が強くなります。

編み込みをしてヘアアクセサリーをつけるだけでも華やかになりますね。

ヘアアクセサリーのマナー

次にヘアアクセサリーのマナーについてご紹介していきます。

パーティードレスとのバランスだけを考えてヘアアクセサリーを決めていませんか。

実はヘアアクセサリーにもネックレスやピアスなどと同じようなマナーがあります。

「今まで間違ったマナーをしていた」という方も多いと思いますので、注意してくださいね。

avatar

花の形のヘアアクセサリー

一番使ってしまいがちなのが、花の形のヘアアクセサリーです。

結婚式や披露宴ではブーケやヘアアクセサリーに花嫁さんが使っていることが多いですよね。

そうなんです。花嫁さんと被ってしまう、目立ってしまうので花の形の飾りはマナー違反になります。

花の形は種類も多く、華やかになり使いやすいのですが、結婚式や披露宴などではマナー違反になりますので注意してください。

ティアラ

花嫁さんと被ってしまうものとして、もう一つがティアラです。

結婚式や披露宴の際には、ティアラをしている花嫁さんは多いですよね。

被ってしまいますし、ティアラをしていない花嫁さんであれば、花嫁さんよりも目立ってしまうななんてことも考えられます。

花嫁さんが主役ですから、ティアラをつけるのはマナー違反になってしまいます。

つけているとマナー違反だけでなく、周りからよく思われませんし、花嫁さんとも仲が悪くなってしまうこともありますので、ティアラは避けるようにしてくださいね。

アニマル柄やファー

結婚式や披露宴では、アニマル柄やファーはマナー違反になります。

バッグや羽織などに使いやすいですが、ヘアアクセサリーでももちろん使用はマナー違反になります。

冬に多いデザインですが、ファーを使っているアクセサリーもありますよね。

「殺生」と意味があり縁起が悪い為、おめでたい席では控えましょう。

羽をあしらっているデザインもマナー違反になりますよ。

縁起が悪いものとして、黒真珠もマナー違反になります。

葬儀をイメージさせ縁起が悪いものになります。

なかなか黒真珠を使っているヘアアクセサリーは少ないと思いますが、注意してくださいね。

光り物

光り物のアクセサリーは、昼間のパーティーではマナー違反になります。

結婚式や披露宴は昼間に行われることが多い為、パーティー同様マナー違反になります。

昼間に光り物がマナー違反なのは「太陽の光があるため、自ら光を発する華やかすぎるものはNG]になります。

ですがシルバーやゴールド、小さなスワロフスキーなどがちりばめられているデザインが多くあります。

大きな宝石、光り物は避けるべきですが、小さくちりばめられているデザインであればマナー違反にはなりません。

白のパールは昼間でも使用することができるのでおすすめですよ。

カジュアルなもの

結婚式や披露宴はフォーマルな場面です。

そのようなところでカジュアルなヘアアクセサリーはマナー違反になります。

光り物もNGですが、カジュアルなものもNGです。

カジュアルなヘアアクセサリーとは、プラスチックでできているものやシュシュなど、日常でつけているようなものです。

大きすぎるもの、派手すぎるもの

結婚式や披露宴では花嫁さんよりも目立ってはいけません。

その為ヘアアクセサリーも大きすぎたり、派手すぎるものは控えましょう

特に大きいものは後ろの席の方にも、迷惑になってしまうことがあります。

また、ヘアアクセサリーもネックレスやピアスも大きいものをつけてしまうと、ゴチャゴチャしたイメージになってしまいます。

目立たせたいアクセサリーを決めると、他のものは控えめやワンポイントにしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

結婚式や披露宴はフォーマルな場面です。

ヘアスタイルはアップスタイルが基本となり、ダウンスタイル、ハーフアップはマナー違反になります。

ショートヘアの方もセットやヘアアクセサリーをつけるようにしましょう。

・花の形のヘアアクセサリー
・ティアラ
・アニマル柄やファー
・光り物
・カジュアルなもの
・大きすぎるもの、派手すぎるもの

ヘアアクセサリーは華やかにしてくれるだけでなく、ピンやゴムで止めているところを隠してくれたりと自分でセットする時もやりやすくなります。

結婚式や披露宴では花嫁さんが主役です。
花やティアラなどは花嫁さんと被ったり目立ってしまいますので、必ず避けるようにしてくださいね。
マナー違反で周りからの目もありますが、新郎新婦にも恥をかかせていはいけません。

avatar

avatar

パールのアクセサリーは結婚式や披露宴で合わせやすいみたいだよ。
ヘアアクセサリーもパールにし、コーデも統一するのもいいね。

タイトルとURLをコピーしました