赤ちゃんお風呂デビュー!ワンオペのお風呂の入れ方【おすすめグッズ】

新生児

赤ちゃんが生まれて1ヵ月が経つと、お風呂デビューができます。

私は一人でお風呂に入れるのが怖かったので、生後2ヵ月半くらいまで沐浴で入れていました。

お父さんが残業で帰りが遅く、お母さん一人でお風呂に入れるという家庭も多いと思います。

ただ一人でお風呂に入れるのって初めは心配なことが多いですよね。

今回は一人でお風呂に入れる方法について、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ワンオペのお風呂は準備が重要!


赤ちゃんをお風呂に入れるときには、できれば2人以上で入れてあげた方が簡単です。

例えば服を脱がせたり着せたりする人、一緒に湯船に入ったり洗ってあげる人

または1人が赤ちゃんを抱いていて、1人が洗うとより簡単ですね。

ただ仕事の関係で、1人で入れなければいけない方も多いと思います。

私は結婚相手を選ぶのを間違えてしまいましたが・・・。(笑)

avatar

1人でお風呂に入れるときには、慌てないようにしっかりと準備をしておくことが大切です。

お湯の温度

まず湯船の準備をしておきましょう。

赤ちゃんがお風呂に入る時は、夏は38℃、冬は40℃くらいのお湯の温度が適温です。

あまり暑すぎると赤ちゃんが泣いてしまったり、お風呂が嫌いになってしまうことがあります。

不安な場合は水温を計ってから入れてあげるようにしましょう。

一度手を入れ、熱くないか確認しておきましょう。

赤ちゃんがお風呂が嫌いになってしまった時の対処法についてはこちらにまとめています。
泣いてしまう時には、こちらを参考にしてみてください。
>>赤ちゃんがお風呂で泣く時の対処法【あんなに好きだったのにどうして?体験談有】

脱衣所

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時に、私が洗う間は脱衣所で待っていてもらいました。

ただ赤ちゃんを脱衣所に寝かせるのはいろいろ不安ですよね。

寝返りやハイハイが出来るようになった時にも、バウンサーに寝かせておくと便利ですよ。


一般的に脱衣所はそんなに広くないと思うので、このくらいのサイズがおすすめです。

また、バウンサーにおもちゃをつけておくのも、落としたりする心配もないのでいいですね。

また、お母さんが体を拭いておく間、赤ちゃんを寝かせておくところも作っておきましょう。

私は布団を2重にして、その上に薄いマットをひき、バスタオルを置いていました。

なかなか布団が余っているという家庭は少ないと思いますが、タオルを重ねたり、赤ちゃんが寝ても痛くないようにしておきましょう。

バウンサーにバスタオルをひき、座らせておくのもいいと思いますが、濡れてしまうことがあるので注意しましょう。

ちなみに脱衣所で赤ちゃんの服を着せるのもいいのですが、私はタオルにくるみ移動しリビングで着せていました

すぐに着せられるように、服も準備しておきましょう。

肌着と服を1回で手が通るようにしておくといいですね。

ベビーパウダーやベビーオイル、クリームなども準備しておきましょう。

産まれて数ヵ月の赤ちゃんは、おしっこの回数が多いので、早めにおむつをつけるようにしましょう。

avatar

お風呂場

最後にお風呂場の準備をしっかりとしておきましょう。

例えば、赤ちゃん用のボディーソープを手の届く位置に置いておいたり、ガーゼを準備しておきましょう。

私は何度かガーゼを忘れてしまい焦ったことがあります。

avatar

また体を洗う時に、手袋型になっているタイプも簡単でおすすめですよ。


ベビーソープを卒業する目安や注意すべきシャンプーなどを紹介しています。
子供用でも刺激が強いものもあるので、選ぶときにも注意しましょう。
>>ベビーソープはいつまで?変える時の注意点とおすすめ

一人でお風呂に入れる手順


初めて一人でお風呂に入れるのは、心配なことが多いと思います。

ですが、準備をしっかりとしていれば、数回したら手際よくできるようになるので安心してくださいね。

では実際に私がやっていた手順についてご紹介していきます。

1、脱衣所で赤ちゃんに待っていてもらう

まず、お母さんが先に体を洗ってしまいます

その為に、赤ちゃんには脱衣所で待っていてもらいましょう。

バウンサーに座られて、おもちゃを渡しておくといいですね。

また、お風呂のドアを開けたままにし、お母さんが見えるようにしておきましょう。

たまに声をかけてあげると、赤ちゃんも安心してくれますよ。

わが子は初めての時からいい子に待ってくれていました。
シャワーの音が好きだったのか、おもちゃなしでも大丈夫でした。

avatar

2、赤ちゃんをお風呂に連れて行く

お母さんの体が洗えたら、赤ちゃんを迎えに行ってあげましょう。

このときにお母さんの髪が長い時には、ヘアゴムなどでまとめておきましょう

冷たい水が赤ちゃんに垂れにくくなりますよ。

タオルを巻いておくのもいいですが、落ちてきたときに苦戦することがあるので注意しましょう。

脱衣所で赤ちゃんの服を脱がして、お風呂に連れて行ってあげましょう。

赤ちゃんを洗ってあげる

次に赤ちゃんの体を洗ってあげましょう。

もしお風呂場が寒い時には、かけ湯をして先に温まってから体を洗うのもいいですね。

お湯をかけるときにびっくりしてしまうことがあるので、始めのうちはタオルを体にかけておきましょう

この時に床にマットをひき、お母さんの膝の上で洗ってあげると高さもなく安心ですね。



または、赤ちゃんを1人で座らせるのもおすすめです。

これは背中にお湯が貯められるので、寒い時にもおすすめですよ。

首が座っていない時や、一人で抱っこして洗うと不安定で怖いという方は両手が使えるので安心して洗えますね。


少し大きくなり、首が座るようになったら、座らせるタイプもおすすめです。

頭を片手で洗うのって結構大変ですよね。

そんな時は座らせて洗うようにしましょう。

わが子は寝かせて頭を洗おうとすると、起き上がってきてしまうようになり洗うのが大変だった時期があります。

avatar


avatar

アンパンマンのチェアは寝かせることも出来るよ。


寒い時には途中でかけ湯をしてあげましょう。

avatar

体を洗う時には、首や脇、指の間に特にごみが溜まりやすいので注意しましょう。

特に指の間は、赤ちゃんが手を握っていることが多く、手のひらに溜まっていたことがあります。

指しゃぶりをしたときに、口に入ってしまうこともあるので、洗う時にはチェックしてあげてください。

ワンオペでお風呂に入れる時に、起き上がってきてしまいシャンプーが大変になることがあります。
そんな時にシャンプーハットは必要?
我が家ではシャンプーハットを使わずお風呂に入れていますが、コツをご紹介しています。
>>赤ちゃんにシャンプーハットは必要?使わないシャンプーのコツ

湯舟で温まる

体が洗えたら、湯船でしっかりとぬくもりましょう。

ただのぼせないように、赤ちゃんの顔色はしっかり見てあげてください。

例えば赤ちゃんの顔が赤くなってきた、鼻の頭などに汗をかいている時には、長湯には注意しましょう。

お風呂から上がる

しっかりとぬくもったら、体全体をしっかりと拭いてあげましょう。

この時にこすらないように注意してください。

赤ちゃんの肌は柔らかいので、タオルで優しくポンポン押すイメージです。

タオルでふけたら、服を着させてあげましょう。

湿っている間に、耳の掃除もしてあげるといいですね。

赤ちゃんのお風呂の入れ方のまとめ

赤ちゃんを初めてお風呂に入れるのは不安なことも多いと思います。

特に一人で入れるときには、待っている時に泣かないか心配ですよね。

赤ちゃんが待っている時にはおもちゃを持たせたり、お母さんが見えるようにしてあげましょう。

首が座っていないときは片手で赤ちゃんを洗うのも大変なので、バスチェアなどを使うのもおすすめですよ。

また、焦らないように準備をしておくことも大切です。

数回してしまうと、きっと慣れてきますよ。

avatar

タイトルとURLをコピーしました