哺乳瓶の消毒はいつまで?楽な消毒方法と注意点について

ミルク・母乳

産まれて間もない赤ちゃんは免疫が弱い為、必ず消毒をしなければいけません。

ですが、ずっと消毒するのも正直めんどうですよね。

私はミルクを作る間は必ずしないといけないものだと思っていましたが、実はもっと早くから消毒をしなくてもよくなります。

ただ消毒をしなくなる時期や離乳食の食器なども注意が必要なんです。

今回は、

・哺乳瓶の消毒はいつまで?
・哺乳瓶の消毒を辞める時の注意点
・離乳食の容器の消毒は?

についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

哺乳瓶の消毒はいつまで?

そもそも哺乳瓶を消毒するのは、産まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱い為です。

ミルクは栄養が高く人肌という温度なので、少し時間を置いておくだけでもすぐに菌が繁殖してしまいます。

なので哺乳瓶の消毒はとても大切です。

ただ赤ちゃんも、成長するとどんどん免疫力がついてきます

哺乳瓶の消毒はいつまでするべきかというのは、実は病院やベビー用品を販売している会社によっても違っています。

赤ちゃんは雑菌に弱いので、生後3~4ヵ月頃までは、哺乳びん類の消毒は欠かせません。
また、この頃を過ぎても、やめる時期や赤ちゃんの体調がすぐれない時は消毒した方が安心でしょう。
引用:ピジョン

3カ月を過ぎた頃から自分で免疫を作れるようになりますが、1歳になってもまだまだ大人の半分程度。
抵抗力の弱い赤ちゃんのために、衛生管理はきちんとしてあげましょう。
引用:ミルトン

このように生後3ヵ月だったり、1歳までと会社によっても違っています。

ですが、離乳食が始まる6ヵ月くらいまでしてあげましょう。

先輩ママさん達も、6ヵ月くらいから消毒をしないという方が多いようです。

ミルクの作り置きや外出する時の作り方や注意点についても注意が必要です。
こちらも是非参考にしてみてください。
>>ミルクの作り置きは危険!赤ちゃんにどんな影響がある?【ミルクの正しい作り方】

哺乳瓶の消毒を辞める時の注意点


生後6ヵ月になったからと言っても、消毒を辞める時にも注意が必要です。

ではどんなことに注意すべきなのでしょうか。

消毒を辞める時期に注意

消毒を辞めてもいい時期が生後6ヵ月までと知っていたのですが、実は私は生後9ヵ月くらいまで哺乳瓶の消毒をしていました。

というのも、やめるタイミングの時がちょうど夏だったからです。

梅雨の時期や暑い夏は、食中毒に大人でもなりますよね。

カビも生えやすい時期なので、その時期に消毒を辞めるのは避け、もう少しだけ消毒をしてあげましょう。

または、1日に1回は必ず消毒するようにしましょう。

赤ちゃんの体調を見てる

赤ちゃんの成長には個人差があります。

例えば低体重で産まれた子もいれば、免疫力や体が弱い子などです。

また、体調が悪い時には例え辞めていても消毒してあげるようにしましょう。

おすすめの消毒方法

哺乳瓶の消毒の方法はいろいろあります。

例えば、煮沸消毒やミルトンなどの薬液で消毒する方法などです。

ただこれらの消毒方法って、結構時間がかかりますよね。

特に薬液消毒は買い物をする時に重たかったり、無くなってしまっていたということもあるので大変です。

なので我が家では、電子レンジで消毒をしていました。

avatar




電子レンジの消毒のメリットは?

ズボラな私ですが、電子レンジで消毒をしていなかったら大変なことになっていただろうなと思います。

というのも、電子レンジの消毒はとにかく早くできることです。

煮沸消毒は沸かすのに時間がかかりますし、薬液消毒も長い時間つけておかなければいけません。

ですが、電子レンジの消毒は3分でいいんです。

夜にミルクを飲ませて「洗わずに寝てしまった!」というときでも、朝消毒しても間に合うんです。

これはよくやっていたので、本当に助かりました。

そして消毒するケースで収納もできるのもうれしいですね。

時間短縮にもなりますし、かなりおすすめですよ。

離乳食の容器の消毒は?

哺乳瓶は消毒しているけど、離乳食のお皿やスプーンの消毒方法は悩みますよね。

もちろん煮沸消毒や電子レンジの消毒でも大丈夫です。

ですが、楽に消毒できるのが、スプレータイプの消毒液です。


スプレータイプの除菌を選ぶときには、いくつか注意する点があります。

まず赤ちゃんに使っても完全なものか。

そして洗い流したりふく必要がないものが断然楽です!

また離乳食の容器以外にも、おもちゃや机などにも使えるのでおすすめです。

哺乳瓶の消毒についてのまとめ

赤ちゃんにあげる粉ミルクには、栄養が豊富に含まれています。

人肌と快適な温度では、少し置いておくだけでも雑菌がすぐに繁殖してしまいます。

生後6ヵ月までは、必ず消毒してあげましょう。

また体が弱い子や辞める時期が梅雨・夏の場合は、もう少し長く消毒してあげましょう。

もし不安な場合には、予防接種や定期健診の時に医師に聞いてみましょう。

哺乳瓶は、電子レンジの消毒がおすすめです。

買い足したり時間を置く必要もないので、ズボラな私でも続けることが出来ました。

夜に「消毒せずに寝てしまった!」というときでも、3分チンするだけなのでおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました