フォローアップミルクはいつからいつまで?今までの粉ミルクとの違いは?

ミルク・母乳

粉ミルクを購入するときに、乳児用の粉ミルクとフォローアップミルクがあるので、ほとんどのママさんがフォローアップミルクの存在を知っていると思います。

ですが、「フォローアップミルクと、今までの粉ミルクってどう違うの?」と聞かれたら答えられますか?

私は「1歳ごろから飲めるようになる?」くらいで、全く分かりませんでした。

そもそもフォローアップミルクは必要なのでしょうか。

今回はフォローアップミルクと乳児用の粉ミルクの違いや、フォローアップミルクが必要なのか、いつからいつまで
飲ませるものなのかについてご紹介していきます。

フォローアップミルクはどう違う?

まず乳児用の粉ミルクとフォローアップミルクは、どう違うかについてご紹介していきます。

今回は私がいつも購入している「すこやか」のメーカーさん、ビーンスタークさんを参考にさせていただいています。


◆ビーンスターク すこやかM1 大缶2缶パック(800gx2缶)

ビーンスタークさんは「まめコミ」というサイトがあり、ポイントが貯めたり商品と交換することができます。

登録するだけで離乳食に便利なアイテムやフォローアップミルクなど、いろんなもののサンプルがもらえます

もらったサンプルについて紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

>>「まめコミ」さんからサンプルが!すこやかを愛用の方必見!【みーママ日記】

フォローアップミルクはいつから?

フォローアップミルクを飲ませる時期は、粉ミルクのメーカーさんによっても異なりますが、一般的に生後9ヵ月から3歳までです。

ただフォローアップミルクに変えるタイミングも、赤ちゃんによってことなります。

というのも「なかなか離乳食を食べてくれない」という子もいると思います。

3食きっちり食べられるようになってから、フォローアップミルクに変えるようにしましょう。

「9ヵ月になったから変えなくちゃ」と心配する必要はありません。

むしろちゃんと離乳食を食べていない時期に変えてしまうと、発育が遅れてしまうことがあります。

焦らず赤ちゃんの成長に合わせてあげましょう。

また、カルシウムを補うために、フォローアップミルクの代わりとして牛乳をあげるようにしましょう。

少しづつ切り替えてあげましょう。

わが子は離乳食もパクパク食べますが、粉ミルクがすぐになくなるので多めに買っていました。

なので生後1歳までは乳児用の粉ミルクをあげていました。

avatar

ミルクや離乳食にはウォーターサーバーがおすすめです。
小さい子供がいる家庭では、プランやキャンペーンでお得に契約できます。
無料でお試しが出来るものもあるので、是非参考にしてみてください。
>>ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りに大活躍!【育児中に安くなる】

乳児用の粉ミルクとの違いは?

乳児用の粉ミルクは母乳に近い成分で作られています。

産まれたばかりの時は、母乳や粉ミルクしか飲むことが出来ませんので、成長に必要な成分がすべて含まれています

フォローアップミルクはエネルギーであるカロリーや、三大栄養素(たんぱく質や炭水化物、脂質)はほとんど違いがありません。

フォローアップミルクは「離乳食では足りない栄養を補う」という役割があります。

例えば、離乳食を食べるようになっても消化がうまくできず、そのまま排泄されてしまうことってありますよね。

そのまま排泄されるものはニンジンやひじき、納豆などいろいろあると思います。
初めてみたときは少しびっくりしてしまいますよね。

avatar

消化がうまくできていないということは、すべて吸収されていないということもあるのですが食べる量も少ないので離乳食だけでは栄養が足りません。

というのも、赤ちゃんは鉄分であれば大人の約半分の量を摂取しなければいけないって知っていましたか?

そんな量を取るのも難しいですし、鉄分だけではなくいろんな栄養をまんべんなく取る必要もあります。

成長に必要なカルシウムやDHAだけでなく、水分と一緒に出やすいビタミンなども不足しがちですので、しっかり3食食べていたとしても、フォローアップミルクをあげるようにしましょう。

フォローアップミルクをあげる量は?

上記でも説明しましたが、フォローアップミルクは離乳食をしっかり3食食べられるようになってから進めますので、あげる量には個人差は出てきます。

一般的な目安になりますが、その子に合った進め方をしてあげましょう。

まず生後9ヵ月~12ヵ月は離乳食(3回)の後に、40~120mlと、ミルクだけ(2回)の時には200mlあげるようにしましょう。

離乳食の後のミルクは、赤ちゃんが飲みたいだけあげるようにし、量を調節してあげましょう。

一日に520~760mlが目安になります。

次に生後1~3歳は、離乳食とは別に200mlを2回あげるようにしましょう。

フォローアップミルクを使ったレシピ

フォローアップミルクをあげる目安をご紹介しましたが、必ずしもミルクにして飲ませる必要はありません。

もちろん飲み物としてストローやコップで飲ませてあげるのもいいのですが、食事の中に混ぜてあげるのもおすすめです。

また、フォローアップミルクは甘みもあるので、おやつとして使うのもおすすめです。

今回はまめコミさんのレシピのおすすめを載せています。

他にもいろんなメニューがあるので、是非参考にしてみてください。

>>まめコミさんのレシピ


ビーンスタークつよいこ 大缶(800g*2コパック)【ビーンスターク】

たまごボーロ

つよいこdeたまごボーロ

〈材料〉
「つよいこ」スティック  1本
卵黄  1個
砂糖  15g
片栗粉  50g

〈作り方〉
1ボールに卵黄を入れ、泡立器でよく混ぜます。
2砂糖を加えて、ざらつきがなくなる程度にさらによくすり混ぜます。
3「つよいこ」と片栗粉を加え、ヘラなどで粉っぽさがなくなるまで混ぜ、最後は手でまとめます。
4手の平で直径1cm強に丸め(約50個分)160℃に余熱したオーブンで12~13分焼きます。

トマトクリームパスタ

〈材料〉
「つよいこ」(粉のまま)  小さじ1/2杯
トマト  40g(1/4個)
野菜スープ  40ml
スパゲティ  15g(極細タイプ)

〈作り方〉
1スパゲティは2~3cm位に折り、軟らかく茹でます。
2トマトは熱湯むきし、種を取り除き、細かく刻みます。
3鍋にスープ・①・②を入れ、弱火で煮ます。
4火を止め、「つよいこ」を加えます。

いろいろ野菜キッシュ

〈材料〉
つよいこ(調乳したもの)  40ml
ゆで鶏ささみ  細かくしたもの15g
ゆで野菜「にんじん」  5mm角10g
ゆで野菜「ブロッコリー」  葉先10g
ゆで野菜「じゃがいも」  5mm角10g
卵  1/2個
粉チーズ  少々

〈作り方〉
1ささみ・ゆで野菜「にんじん・ブロッコリー・じゃがいも」・溶いた卵・「つよいこ」・粉チーズを加え、混ぜます。
2①をアルミカップに入れ、トースターで中まで火が通るように焼きます。

まとめ

乳児用の粉ミルクとフォローアップミルクの違いは?と聞かれてもなかなか答えられない方が多いと思います。

フォローアップミルクは、離乳食では不足しがちな栄養を補給することができます。

特に鉄分は大人の半分の量必要になるので、なかなか離乳食だけでは十分な量を摂取することができません。

他にもカルシウムやビタミン、DHAなど成長に欠かせない栄養はたくさんあります。

育ち盛りの赤ちゃんに栄養が不足してしまうと、成長が遅れてしまう恐れがあります。

離乳食の進み方や赤ちゃんに合った量をあげるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました