赤ちゃんの外出や散歩はいつから?時間は?寝ぐずりをする時は外出を!

成長

赤ちゃんとの生活が始まると、慣れない育児で大変なことも多いと思います。

産まれて間もない間は、赤ちゃんの外出は控えるようにしましょう。

ただ「いつからなら外出をしてもいいの?」「お散歩はしてもいい?」と疑問に思いますよね。

買い物に行ったり、気分転換にも外を散歩したいですよね。

今回は、

・赤ちゃんとの外出・散歩はいつから?
・散歩の時間は?
・散歩のメリット
・外出の注意点
・外出するときの準備物

についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの外出・散歩はいつから?

赤ちゃんとの外出が出来るようになる時期は、個人差はありますが生後1ヵ月頃からできるようになります。

産まれてから1ヶ月が過ぎた時に、1ヵ月検診をしてもらうのですが、この時に医師から問題がないと言われてからにしましょう。

というのも赤ちゃんの体調や成長が順調であるかということを見てもらうだけでなく、お母さんの体調も見てもらうからです。

産まれて間もない赤ちゃんは免疫力が弱かったり、体温調節ができなかったり体が未熟な為、なるべく外気に触れないように外出は控えましょう。

また1日のほとんどを寝て過ごしていると思いますが、お母さんも出産の負担が残っているので、なるべく赤ちゃんが寝ている時は一緒に寝て体力を戻しましょう。

また慣れない育児や寝不足もあると思うので、家族や周りの人に助けてもらいましょう。

ただ1ヶ月経っても、出産の疲れは取れていません。
私は1ヵ月半くらいまではとにかく眠かったです。
自分が思っている以上に疲れているので、しっかりお昼寝や体を横にして休めるようにしましょう。

avatar

産後は育児や疲れもあり、家事が思うようにできません。
周りの人に助けてもらう必要がありますが、出産前から話し合っておくことが大切です。
特に旦那さんと話し合う参考にしていただけたら嬉しいです。
>>産後に旦那にしてほしいこと!離婚した私が語る絶対にやるべきこと

ちなみにわが子は冬生まれということもあり、生後3ヵ月くらいからやっと散歩を始めました

生後2ヵ月くらいによく泣いていたので、散歩に連れて行けばよかったなと今になって思います。

生後1ヵ月も首がすわっていなかったり、季節によっては外出も心配ですよね。

生後2ヵ月くらいになると「泣きのピーク」と呼ばれる時期にもなるので、赤ちゃんの気分転換のためにも散歩を始めてみましょう。

1週間検診と1ヵ月検診はとても大切なので、必ず受診しましょう。
どんなことをするのか、病院に行く時の注意点などもまとめているので、参考にしてみてください。
>>産後の1週間検診はどんなことをするの?ベビーカーや抱っこ紐で行くべき?
>>1ヵ月検診の赤ちゃんの体重はどのくらい?お母さんの受診の内容は?

散歩の時間は?


散歩の時間は、赤ちゃんに負担がかからないように短い時間から始めてみましょう。

始めは15分以内から始めてみましょう

もちろん毎日ではなく、少しずつや体調のいい時から始めてみましょう。

また散歩に行く時間は、なるべく決まった時間にするのもおすすめです。

というのも、赤ちゃんも生活リズムが出来てくるからです。

例えば、「ミルクを飲んだら寝る」「お風呂に入ったらミルク」など、習慣が出来てきます。

特に寝かしける時には、こうしたら寝るという習慣を作っておくと後から楽になりますよ。

寝かしつけは育児の中でとても悩みました。
抱っこの寝かしつけや寝た状態からの寝かしつけ、長く寝る方法などまとめています。
こちらも是非参考にしてみてください。
>>赤ちゃんが寝ない!寝かしつけを楽にする方法!【まとめ】

散歩に行く時間帯は?

散歩に行く時間帯は、この時間ではないといけないということはないですが、個人的には午前中がおすすめです。

我が家ではだいたい9~10時くらいにしています。

というのも、夏は暑いので比較的涼しい午前中に済ませたいですよね。

そして冬場はその時間であれば、日が差しているので暖かくなってきます。

もちろん冬場は午後など暖かくなってからもおすすめです。

現在1歳3ヵ月ですが、外で遊ぶのが好きなので1日2回以上散歩していますよ。

散歩のメリット

そんな散歩のメリットはたくさんあります。

赤ちゃんもお母さんも体調がいい時には、散歩に行ってみましょう。

抵抗力がつく

外をお散歩することで呼吸や肌が外気に触れるので、抵抗力がついていきます。

また日光に浴びることも、健康面でメリットがあります。

例えば、骨を丈夫にしたり、ビタミンDやセロトニンという「幸せホルモン」も作られらりします。

ただいきなり長時間は赤ちゃんも疲れてしまいます。

まずはベランダで、外気浴や日光浴を15分以内から始めてみましょう

外気浴が長時間できるようになったら、シャボン玉で遊んでみましょう。
せっかく遊ぶなら、割れないシャボン玉で遊びたいですよね。
簡単に作れる方法も載せてるので、是非参考にしてみてください。
>>シャボン玉はいつから遊ぶ?手作りシャボン玉液【割れにくい作り方】

脳の刺激になる

赤ちゃんはいろんなものを見たり触ったりすることで、脳の刺激になります。

まだ産まれて間もなくははっきりと物が見えませんが、鳥が鳴く声や車の音、人の話し声なども刺激になります。

1歳3ヵ月になった今でも、外ではたくさんの刺激をうけています。

例えば落ち葉が飛ぶのを追っかけたり、いろんな花を見たり、エスカレーターに乗ってみたりととても楽しそうにはしゃいでいます。

avatar

もちろん目が離せず大変ですが、脳の刺激になるのでとても大切なことです。

またいろんなものを見たり触れたりすると、脳が使われ疲れるので、運動をしたと同じように疲れます。

脳を使うと寝つきもよくなるというメリットもあります。

外出できない時には、絵本の読み聞かせも効果的ですよ。
絵本の選び方やおすすめも紹介しています。
>>絵本の読み聞かせはいつから?どんな効果がある?絵本の選び方とおすすめ

昼と夜の区別がついてくる

産まれて間もない赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごすので昼と夜の区別がついていません。

上記でも紹介したように、生活リズムを作ってあげることで昼と夜の区別がつくようになっていきます。

また太陽の明るさも、区別がつくようになるのにとても大切です。

散歩だけでなく日中はカーテンを開け、雨の日は照明で明るくしてあげましょう。

夜のミルクや授乳の時も、なるべく手元だけを明るくしたり薄暗くしておくのも区別がつきやすくなりますよ。

新生児のうちは夜に起きていたり、泣く子が多いです。
理由や対策も載せいているので、こちらも参考にしてみてください。
>>新生児にも夜泣きはあるの?赤ちゃんが夜寝ない?【おすすめグッズ】

寝かしつけができる

生後1ヶ月~2ヵ月は「>>泣きのピーク」と呼ばれ、一日のうちで最も泣いている時間が長い時期です。

この時期が一番寝かしつけに苦戦しました。

ですが、散歩に行くと10分くらいでコロッと寝てくれました。

うまく寝かしつけが出来ない時には、散歩をしてみると楽に寝かしつけができるかもしれません。

また家事をする時に、抱っこ紐をつけてしていても寝てくれることが多かったです。

結構大きな音がしても泣かずに寝てくれていました。

歯が生えだす頃も、寝かしつけに苦戦することもあるので、散歩はおすすめです。

気分転換ができる

お母さんもずっと室内にいると、気分のブルーになってしまうこともあります。

慣れない育児で「産後鬱」になってしまうこともあるので、気分転換はとても大切です。

「外に出たら赤ちゃんが泣かないか心配」と思うかもしれませんが、いざ出てみると泣き止んでくれたり、寝てくれるので、一度勇気をもって近くを歩いてみましょう

家にずっといると運動不足にもなるので、ちょっとした運動にもなりますよ。

ただ出産で骨盤がゆがんでしまっていることもあるので、急な激しい運動はさけましょう。

外出の注意点

散歩にはたくさんのメリットがありますが、注意しなければいけないこともあります。

特に産まれて間もない赤ちゃんは、体が未熟な為注意してみてあげましょう。

すぐに帰れる距離から

散歩をする時には、まずは短い時間(15分以内)から始めてみましょう。

そして、すぐに帰れるように家の近くからにしてください。

というのも、赤ちゃんはまだうまく体温調節ができません。

たくさん汗をかいていると脱水症状になることもありますし、ミルクや母乳を吐き戻してしまうこともあります。

赤ちゃんの体調を見ながら散歩をしてあげましょう。

抱っこ紐やベビーカーに乗せる

散歩をする時には、抱っこ紐をつけたりベビーカーに乗せるようにしましょう。

というのも、赤ちゃんを抱っこしている時につまずいてしまうと、手をつくことが出来ません。

転倒した時に怪我をしてしまう危険があるので、両手が開くようにしておきましょう。

その為抱っこ紐をつけたり、ベビーカーに乗せておくと、転倒した時や赤ちゃんを落としてしまうという危険が無くなります。

もちろんベビーカーに乗せる時は、ベルトをしっかりつけ、手を離さないようにしましょう。

人が多いところは避ける

赤ちゃんと外出するときは、なるべく人が多いところは避けるようにしましょう。

人が多いところではぶつかる心配もありますが、まだ免疫力の弱い赤ちゃんは風邪がうつってしまうこともあるからです。

特に冬のインフルエンザは、感染力も高いので心配ですね。

赤ちゃんはまだマスクや石鹸の手洗いは難しいので、人混みは避けるようにしましょう。

暑さ・寒さ対策

赤ちゃんはまだうまく体温調節ができないので、外出をする時には暑さや寒さ対策をしっかりするようにしましょう。

また真夏になると照り返しもあり、35度を超えることもあります。

そうなると脱水症状になったり、体調を崩しやすいのでなるべく外出は避けましょう。

どうしても外出しなければいけない時は、自家用車やタクシーなどを使い暑い場所にいる時間を減らしましょう。

また紫外線も長時間当たらないように、日よけや帽子、赤ちゃん用の日焼け止めクリームなどをつけるようにしましょう。

寒い時には暖かい服装にしたり、おくるみや毛布で包んであげましょう

特に風を通さないダッカーはあると便利ですよ。

大人の体温も伝わるので、寒い時には抱っこ紐がおすすめです。

ミルクや授乳の時間

赤ちゃんはお腹が空くと、泣いて教えてくれます。

人が多いところで泣かれてしまうと焦ってしまいますが、外出中にミルクを作ったり授乳するのって大変ですよね。

母乳の場合はすぐにお腹が減ってしまうので、間隔を開けるのは難しいので、授乳できる場所を調べておきましょう

ミルクの場合は3時間は開けないといけないので、なるべくそれまでに帰宅できるようにしましょう。

長時間外出するときには、「〇時に飲ませたから、次は〇時」とスケジュールを立てて行動すると焦らず対応することができます。

慣れない場所だとミルクを作るのも大変なので、余裕をもって動くようにしましょう。

赤ちゃんが歩けるようになったら、ファーストシューズの準備をしてあげましょう。
初めての靴は選び方にも注意が必要です。
いつごろ準備をすべきかも載せているので、参考にしてみてください。
>>ファーストシューズはいつから?赤ちゃんの初めての靴の選び方【おすすめ有】

赤ちゃんの散歩や外出のまとめ

産まれて間もない赤ちゃんは、抵抗力が弱かったり、お母さんも出産の疲れがあるので外出は控えましょう。

ただ1ヵ月検診で問題が無ければ、部屋の窓を開けたり日光浴をしてみたり、少しずつ散歩の準備を始めましょう。

生後1ヵ月から徐々に起きておく時間が増えてきたり、「泣きのピーク」と呼ばれ泣ている時間も増えます。

散歩に行くとコロッと寝てくれる

avatar

こともあるかもしれません。

他にもこんなメリットがありますよ。

・骨が丈夫になる
・抵抗力がつく
・脳の刺激になる
・昼と夜の区別がついてくる
・気分転換ができる

ただいきなり長時間の外出は、赤ちゃんもお母さんも疲れてしまいます。

始めは15分以内から始め、すぐに帰れるように家の周辺から散歩してみましょう。

散歩や外出は子供の運動にもなり、メリットもたくさんあります。
ですが、毒があったり注意しなければいけない生き物もいます。
注意点をまとめているので、こちらも是非参考にしてみてください。
>>赤ちゃんや子供の散歩・外出の注意点!生き物を触らせるのは危険?
タイトルとURLをコピーしました