赤ちゃんは掃除機で泣いてしまう?【掃除機に慣れさせる方法】

育児

赤ちゃんとの生活がスタートすると、今まであまり気にならなかったものが気になるようになってきます。

特に寝返りやうつ伏せをするようになると、床に落ちているごみや糸くずを食べてしまわないかと心配になります。

ですが、掃除機って結構大きな音がしますよね。

泣き止む音と有名ですが、まだ小さいうちは怖くて泣いてしまう子が多いと思います。

実際わが子は大泣きでした。(笑)

といっても掃除機をかけないわけにはいきません。

今回は日々の掃除についてや、赤ちゃんが掃除機に慣れる方法や注意点についてご紹介していきます。

育児中の掃除について

新生児

赤ちゃんが産まれ、ついに赤ちゃんとの生活がスタートです。

ですが、お母さんは初めての育児や出産の疲れがあるので、なるべく赤ちゃんと一緒に寝れる時は寝るようにしましょう。

できれば里帰り出産をしたり、家族の方に家事は手伝ってもらいましょう。

新生児の赤ちゃんは音に敏感で、手を上にあげるようなビクッという反応をします。

これをモロー反射といい、生後3,4ヵ月くらいまでします。

モロー反射をするとびっくりして起きてしまいます。

avatar

りっくん

我が家ではわが子が寝るとみんな忍び足で動いていました。
そのため音に少しの物音でびっくりしてしまうようになりました。
新生児のうちはみんなそうなのかもしれませんが、ティッシュを取る音やボールペンを押すカシャという音でもビクッとなっていました。

新生児のうちはまだ光や影しか見えていません。

お腹の外の環境にも慣れていないので、掃除機をかけるときにはなるべく違う部屋に連れて行ってもらってからかけるようにしましょう。

生後1ヵ月~3ヵ月

出産後1ヵ月くらい経つとお母さんの体力も大分戻ってきます。

ですが出産後8週間は安静にと言われるように、まだ本調子ではないことがあるので無理はしないようにしましょう。

ただ生後1~2ヵ月は「泣きのピーク」と呼ばれ、一日のうちで最も泣く時間が長い時期です。

ミルクや母乳をあげても、おむつを替えても泣き止んでくれず、黄昏泣きが始まってしまうこともあります。

現在生後9カ月まで成長しましたが、この「泣きのピーク」の時期が一番大変でした。

「泣きのピーク」の時期の寝かしつけや、黄昏泣きの対策について悩んでいる方は、こちらも是非参考にしてみてください。
私が効果があった方法をご紹介しています。
>>なかなか泣き止まない黄昏泣き対策!【効果のあった対策・体験談有】

>>私の効果のあった寝かしつけ・あやし方【生後1ヵ月~2ヵ月は泣きのピーク】

この頃は寝ている間に家事などを済ませたいものですが、10分や30分くらいですぐに起きてしまう子も多いです。

静かなコロコロやモップなどを使って掃除ができるところはしましょう。

家族の方に見てもらって掃除機をかけるか、抱っこ紐をつけながら掃除機をかけてみましょう。

もし泣いてしまうようであれば、無理はしないようにしてくださいね。

生後3ヵ月以降

生後3ヵ月以降になると「泣きのピーク」も終わり、泣いている時間が減り、一人で遊べる時間も少しづつ増えてきます。

隙間をみつけて掃除を済ませてしまいましょう。

例えば「今日はここを掃除しよう」と決めて行うのもいいですね。

また、トイレに行ったついでに便座をふいてみたり、お風呂の途中でお掃除をしてみるなど、一気に済ませずちょこちょこ掃除をするのもおすすめですよ。

また、生後5か月くらいになると寝返りの練習を始めます。

「まだ大丈夫」と思っていても、ふいにできてしまうことがあります。

仰向けに寝かせる寝返りが出来なかったので油断していましたが、うつ伏せからの仰向けへの寝返りはパっとできてしまうことがあります。

寝返りができた本人もびっくりしていました。(笑)

少し目を離さなければいけない時は、両脇にクッションを置き挟むようにしておきましょう。

寝返りが出来る力がついてくると窒息の恐れもなくなりますが、動きすぎて怪我をしてしまうこともあるので注意しましょう。

赤ちゃんは掃除機で泣く?

初めての掃除機

わが子が家に着て初めて掃除機をかけたときは、大泣きしてしまいました。

わが子がいる隣の部屋を掃除機をかけていたのですが、ジッとこちらを向いていました。

遠くだったということもあり大丈夫と思っていたのですが、徐々にへの字の口になり、泣き出してしまいました

きっと怖いのを我慢していたんでしょうね。

入院中の病室では、結構大きな声でおばさんが笑っていてもスヤスヤ寝る大物だと思っていましたが、大きな音はやっぱり怖いですよね。

はっきりものが見えていないですし、どんなものから音がしているのか、何をしている音なのか分からないと、大人でも怖いですよね。

なるべく離れた部屋で、抱っこをしてあげている状態から慣れさせるようにしましょう。

「掃除機かけるよ」「大きな音がするよ」と声掛けをしてあげるといいですね。

掃除機の音で泣き止む?

赤ちゃんの泣き止む音として掃除機って有名ですよね。

泣き止むアプリなどでも掃除機の音が入っています。

赤ちゃんが機嫌が悪い時に掃除機の音がすると、泣き止んでくれることがあります。

赤ちゃんによってこの音が好きというのはあるようですが、ドライヤーやホワイトノイズも効果的です。

これはお腹の中にいるときの音に似ているからと言われています。

現在は生後9ヵ月ですが掃除機の音が大好きで、掃除機をかけだすと、すごいスピードでハイハイしてきます。
キャーとハイテンションになり、とても喜んでいますよ。
他にもわが子は、扇風機など機械が好きです。

avatar

みーママ

掃除機に慣れさせる方法

違う部屋に移す

まずは赤ちゃんがいない部屋から掃除機をかけて、音に慣れさせてあげましょう。

スイッチを入れるといきなり大きな音がするので、シーンとしている時にいきなりつけてしまうとびっくりしてしまいます。

「これから掃除機かけるよ」「大きな音がするよ」と声掛けをするようにしましょう。

音に慣れてくると、どんなものから音がするのか、離れたところから見せてあげましょう

大人もどれから音が鳴っているか分からないと怖いですよね。

よく台風などで川に流されてしまう方がいらっしゃいますよね。
「行かなければいいのに」と思いますが、「水が何処まで来ている」「まだ大丈夫そうだ」と状況を見て安心したいのが人の心理なんです。

avatar

みーママ

他にもドライヤーや洗濯機など、音がするものは「これが鳴っているんだよ」と見せてあげるのも大切なことですよ。

音に慣れてびっくりしにくくなります。

抱っこ紐をつける

遠くから見ていても泣かなくなったら、抱っこ紐をして掃除機をかけてみましょう。

抱っこ紐をすると今までなかなか寝てなかった子もスヤスヤ寝てくれることがあります。

それほどお母さんの体温や心音などが安心するんでしょうね。

抱っこ紐をしていると、料理を作る時の大き目の音でも寝続けてくれる子が多いです。

わが子も料理を作る時は抱っこ紐をしていたのですが、毎回スヤスヤと寝てくれていました。

起きていても抱っこ紐をしていると、指を吸いながらケロっとした顔で見ていましたよ。

置いた状態でかけてみる

抱っこ紐でも大丈夫だった時は同じ部屋で掃除機をかけてみましょう。

いきなりすぐ横からはびっくりしてしまうので、離れたところから近づいてみましょう

赤ちゃんの表情を見ながらどこまでは大丈夫そうだな、というのを見てあげてくださいね。

我慢していて掃除機のスイッチを切った瞬間に大泣きしてしまうことがありますよ。

また泣いてしまう時には抱っこ紐をしてみたり、同じ部屋で遠くだけかけ、また移動したりと工夫してみてください。

この時に、掃除機の空気が出る場所が赤ちゃんの方向に向かないように注意しましょう。

空気と一緒にほこりも大量に出ているので、喘息などを起こしてしまう危険があります。


我が家ではダイソンのコードレスタイプを使っています。

手元から空気が出ますし、部屋の空気よりもきれいな空気が出ると言われているので赤ちゃんにも安心ですね。

また寝返りやハイハイなどが出来るようになると、コードを舐めたり噛みにいく心配もないのでおすすめですよ。

まとめ

掃除機って結構大きな音がしますよね。

初めて聞く時は、赤ちゃんがびっくりして泣き出してしまうことがあります。

段階をふみ、徐々に慣らしてあげましょう。

・赤ちゃんを違う部屋に連れて行く

・隣の部屋からかける

・抱っこ紐をつける

・同じ部屋で離れたところからかける

どんなものから音がしているか分かると慣れやすくなります。

他にもドライヤーや洗濯機など、大きな音がするものは離れた場所から見せてあげるようにしましょう。

わが子は今氷のガラガラいう音に挑戦しています。

いきなり大きな音がなるのと、どうやってなっているのか分からなようで、徐々にではありますが慣らしています。
その子によって嫌いな音があるので、一度泣いてしまったものは次から怖がらせないように少しづつ慣らしてあげましょう。

avatar

みーママ

タイトルとURLをコピーしました