妊娠中にこれも飲んじゃだめなの?【おすすめの飲み物】

妊娠

妊娠中には摂取してはいけないものがいくつもありますよね。

有名なものであれば、カフェインですよね。

カフェインと言えば、コーヒーや紅茶などに入っていますが、他にもいろんな飲み物に含まれているんです。

「カフェインは飲んじゃダメ」という話を聞くと、ずっとカフェインのない麦茶だけしか飲めないの?と思うとしんどいですよね。

そして、カフェインはどうして妊娠中に飲んではいけないのでしょうか。

今回は妊娠中に過剰摂取に注意が必要な飲み物や、おすすめの飲み物についてご紹介していきます。

過剰摂取に注意が必要な飲み物

カフェイン

まず過剰摂取に気をつけたいのが、有名なカフェインです。

カフェインはコーヒーや紅茶以外にも、緑茶などの日本茶やコーラなどにも含まれています。

そもそもカフェインをどうして妊娠中に過剰摂取してはいけないかというと、子宮が収縮してしまうからです。

子宮が収縮することによって、赤ちゃんの死亡リスクなどが上がってしまうんです。

とは言っても過剰摂取が危険ですが、絶対に飲んではいけないものではありません。

コーヒーや紅茶であれば、1日1杯くらいであれば問題ありません。

コーヒーがやめられないという方は、ノンカフェインのコーヒーも売っていますよ。

紅茶や緑茶などにはカフェインが入っているのですが、リラックスできる効果があります。

こちらもルイボスティーやフルーツの紅茶、お茶などもあるので、こちらも是非試してみてください。

妊娠中はつわりや体が疲れやすくなったりします。
自分へのご褒美にもなりますし、フルーツの栄養も取れるのでおすすめですよ。

また、妊娠中は栄養バランスも気になりますよね。

つわりやお腹の大きさで食欲がなくなったり、うまく食べれないという時に、栄養ドリンクを飲もうと思い方も多いと思います。

ですが、栄養ドリンクにもカフェインが含まれていることがあるんです。

不安な場合はドラッグストアでは薬剤師さんなどに相談してみましょう。

カフェインが入っているものは1杯なら大丈夫と言っても、体質により流産しやすいなどの個人差があるので、いつもと違うと思ったら、すぐに飲むのをやめましょう。

お腹がはる、痛みがあるという場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

アルコール

妊娠中のアルコールも飲んではいけないと言うのも有名な話ですよね。

妊娠中にアルコールを飲んでしまうと、赤ちゃんの成長が遅くなってしまいます。

私の知人の話ですが、妊娠したことに気づかずお酒とタバコを続けていたそうです。

元々生理不順があり、気づかなかったようですが、さすがに遅すぎると病院に行ったそうです。

ですが、その時には気づくのが遅く、その後流産してしまいました。

生後3ヶ月くらいで育っていないといけない大きさの半分くらいしか成長していなかったそうです。

もちろん始めは妊娠しているか分からないので、飲んでしまうこともあると思います。

体質によっても流産しやすいということがあるので、妊娠を希望している方は禁酒をしておくか、少ない量にとどめておきましょう。

私のせいで赤ちゃんが流産してしまったと、自分自身を攻めたり後悔しないためにも気をつけておきましょう。

あとノンアルコールと言われている飲み物にも、少しだけアルコールが入っていることがあります。

0%と書いてあっても、表記基準などの関係で0.何%は入っていることがあります。

ノンカロリーも少しカロリーがありますが、ここまでなら0と表記していいと同じ感じですね。

どうしても飲みたいというときには、しっかり表記を見たり、病院で相談してみましょう。

安産ティー

安産ティーと聞くと、妊娠中に飲んでもいい紅茶というイメージがあると思います。

ですが、この安産ティーは妊娠8ヶ月以降ではないと飲んではいけません。

というのも、出産の時間は出きるだけ短く楽にしたいですよね。

この安産ティーは子宮の収縮作用があり、出産を助けてくれます。

なので、早い時期から飲んでしまうと、早産、流産の恐れがあるんです。

私も妊娠8ヵ月の時に実際に飲んでみました。
初めて飲んだ時に貧乏性が出て、1つのパックを2回使い、1日に多く飲んでしまいました。
その夜はお腹がはり、横になるほどでした。
その後は飲み続けましたが特に問題はなく、安産で産まれてくれました。
1日に飲む量は気をつけましょう。

avatar

みーママ

avatar

りっくん

心配な人は赤ちゃんが産まれても大丈夫な時期、大きさになってから飲むのもいいかもね。
他にも支給工が柔らかくなり、出てきやすくなるんだって。

糖分が多い飲み物

糖分が多い飲み物は赤ちゃんには影響はないのですが、お母さんの体重管理の際に注意したい飲み物です。

というのも、私が妊娠中に一番悩んだのが体重管理です。

出産前には14㎏も増え、1週間で1㎏増えたことも数回ありました。

臨月は特に体重が増えやすく、いつも通りにしていても体に吸収されてしまいます。

甘いものや炭酸もたまには飲みたくなりますが、なるべく糖分の少ない麦茶などにするようにしましょう。

ずっと麦茶だとストレスも溜まってしまいますので、いろんな飲み物に変えてみたり、ジュースも飲む量を決めるようにしましょう。

妊娠中におすすめの飲み物

こうやってみると過剰摂取してはいけない飲み物って結構ありますね。

そして妊娠中の飲み物ってとても大切なんです。

というのも、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ったり、出産に備えたり、母乳を作る為に血液が妊娠前の1.5倍になります。

なので水分補給をしっかりとするようにしましょう。

お腹が大きくなると、トイレに行く回数が多くなるので水分を少なくしがちですが、赤ちゃんの為にこまめに水分補給をするようにしましょう。

では妊婦さんにおすすめの飲み物をご紹介します。

麦茶

麦茶は妊娠中に飲める飲み物の定番ですね。

ノンカフェインというだけでなく、栄養的にもおすすめなんです。

麦茶はミネラルが豊富で、便秘にうれしい食物繊維が含まれています。

また麦茶は体に吸収されやすいので、特に暑い夏の水分補給にはもってこいの飲み物ですね。

麦茶は赤ちゃんも飲めますし、パックは安く経済的にも嬉しいですね。

タンポポ茶

タンポポ茶はカフェインが含まれていない飲み物です。

妊娠中に便秘になりやすい方が多いですが、タンポポ茶は便通をよくしてくれる作用があります。

他にも血行がよくなってくれるので、母乳が出やすくなり、産後もおすすめの飲み物ですよ。

母乳は血液から作られているのをご存知でしたか?

ルイボスティー

ルイボスティーはカフェインが入っていないハーブティーです。

他のハーブティーはカフェインが入っているものもあるので、ハーブティーや紅茶が好きな方はルイボスティーがおすすめです。
リラックス効果もあり、鉄分やカルシウムもとれるので、妊娠中に欲しい栄養も補えますよ。

乳酸菌飲料

妊娠中は便秘で悩む方が多いですよね。

私は妊娠してからは、薬を飲まないと出てくれないほど便秘に悩みました。

力みすぎていぼ痔になるほどです。(笑)

同じようなことにならないように、こちらも参考にしてみてください。
>>【妊娠・産後】20代でいぼ痔?!いぼ痔の原因と対処法・体験談有

便秘には腸の調子を整えてくれるので、ヨーグルトや乳酸菌飲料がおすすめです。

ですが、乳酸菌飲料は甘いものも多いので、飲みすぎには注意しましょう。

ココア

ココアはカフェインが入っていない飲み物です。

ココアは甘くカロリーが気になりますが、カロリーを抑えた商品もうっていますし、牛乳と飲むとカルシウムなどの栄養も摂取することができます。

他にも便秘に嬉しい食物繊維も入っています。

チョコにはカフェインが入っており、ココアにも入っていると思われがちですが、妊婦さんでも安心して飲むことが出来ます。

ココアは寒い冬に特に飲みたくなりますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運ぶためだったり、出産に向け血液が1.5倍増えています。

ですので、水分補給はとても大切なことです。

妊娠中はお腹が大きくなることでトイレが近くなることがありますが、こまめに水分補給をするようにしましょう。

また、意外なものにもカフェインが入っていることがります。

コーヒーや紅茶は1日1杯であれば問題ないといわれていますが、体質によってはお腹がはったりすることもあるので、心配な場合は医師に相談するようにしましょう。

過剰摂取に注意

・カフェイン

・アルコール

・安産ティー

・糖分が多い飲み物

おすすめの飲み物

・麦茶

・タンポポ茶

・ルイボスティー

・乳酸菌飲料

・ココア

タイトルとURLをコピーしました