妊娠中の気をつけることは?初期・中期・後期それぞれの過ごし方【まとめ】

妊娠

妊娠中は体調の変化が激しく、無理をしたり食べ物や飲み物などでも気分が悪くなってしまうこともあります。

初めての妊娠だと、戸惑うことが多いと思います。

私も初めて妊娠をしましたが、「これも食べちゃダメなの?」「寝不足になるとは思わなかった・・・」など、知らないことがとてもたくさんありました。

今回は、

・妊娠初期、中期、後期別の注意点や、過ごす時のポイント
・出産時期の準備物や入院生活について
・初めての育児で知っておきたいこと

などについてご紹介しています。

妊娠した時に知っておきたいことも、初期で紹介しているので妊娠中期・後期の方ものぞいてみてください。

avatar

スポンサーリンク

妊娠初期

妊娠初期は、つわりがあったり初めてのことが多いので、戸惑うことがいろいろ起こると思います。

実はつわり以外にも、体の変化がとてもある時期なんです。

ちなみに私が妊娠中ずっと悩んだのが便秘です。
その対策や大変なことになってしまった話も載せています。

avatar

妊娠初期症状・定期検診について

妊娠すると、初期症状が出るようになります。

よく「熱(風邪)っぽい感じがする」「胸がはりやすい」など、いろんな妊娠初期症状を聞くと思います。

ですが、「体調不良(風邪)と区別がつかない」「生理前と違いがよく分からない」と思ったことはないですか?

実際私も調べたときにそう思ったのですが、1つ明らかに違うところがあったんです。

その妊娠初期症状は、生理予定日よりも早くから症状に気づきました。

また、妊娠が分かった時に、「いつから妊娠検査薬が使える?」「病院にいつ行くべき?」なども載せているので、こちらも是非参考にしてみてください。

妊娠すると、赤ちゃんの成長やお母さんの体の変化を見るために、定期健診に行かなければいけません。

妊娠初期は4週間に1回のペースですが、妊娠予定日が近づくと2週間に1回や毎週定期健診に行くようになります。

また、定期健診ではどんなことをするのか、検査の内容も載せているので、こちらも是非参考にしてみてください。

妊娠初期の気をつけたいこと

妊娠初期は体調も崩れやすいですが、他にも体の変化が多い時期です。

例えば、足がむずむずして眠れなくなったり、トイレが近くなったり・・・。

そんないろんな悩みの対策をまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

・つわり
・食べ物・飲み物
・流産の危険について
・便秘
・足がつる、足がムズムズする
・マタニティ服・インナーの選び方
・お腹の圧迫
・肌荒れ

妊娠中期

妊娠中期はつわりが落ち着く方が多く、一番動ける時期です。

この時期からベビーグッズを準備しておきましょう。

また、赤ちゃんが産まれるとなかなか外食なども行けなくなってしまいます。

妊娠中期のうちに楽しんでおきましょう。

そんな後から「やっておけばよかった」と思ったことも載せているので、是非参考にしてみてください。

・安産祈願
・体重管理に注意
・マタニティグッズをそろえる
・ベビーグッズをそろえる
・外出を楽しむ

妊娠後期

妊娠後期になるとお腹もどんどん大きくなり、動きにくくなります。

内臓機能(心臓や肺など)も圧迫され、疲れやすくなったり息切れもしやすくなったります。

また「後期つわり」も出てくる方も多いです。

この「後期つわり」も妊娠するまで私は知りませんでした。

他にも体の変化なども載せているので、参考にしてみてください。

・お腹が大きくなる
・体重が増えやすい
・お腹がはりやすい
・後期つわり
・準備しておくこと

出産や入院中の注意点について

出産が近づいてくると、病院からもいろんなことを聞かれたり、準備しないといけないことが増えてきます。

妊娠後期はお腹も大きくなり疲れやすいので、なるべく早く準備を終わらせておきましょう。

また、陣痛が起きやすい日・時間についてや、入院生活でどんなことをするのかについても載せています。

妊娠予定日が近づいてくると、不安になりいろいろ調べてしまいますよね。
そんな時は育児やベビー用品、安産になる為の運動などをして、気分転換をしましょう。

avatar

出産準備リストについて

主産予定日が近づいてくると、病院から「出産準備リスト」を教えてもらうと思います。

妊娠後期になると、いつ産まれてもおかしくないので、早めに準備をしておきましょう。

プラスであった方がいいものも載せているので、こちらも是非参考にしてみてください。

陣痛が来ない時は?いつ産まれる?

「出産予定日を過ぎても陣痛が来ない」「赤ちゃんが巨大児で早く産みたい」など、陣痛がなかなか来ないと焦ってしまいますよね。

私も予定日がまだ来ていませんでしたが、「巨大児かもしれない?」と一人で焦ってしまい、陣痛が来る方法を試しました。

すると数時間後に本当に陣痛が来たんです。

陣痛が来やすくなる6つの方法を載せているので、こちらも是非参考にしてみてください。

※赤ちゃんがしっかり成長しているか、産んでもいい時期かなど、医師に確認を取ってからではないといけない場合もあります。

私は陣痛がなかなか来なかったの、「陣痛が早く来る方法」を試しました。

ただ満月や潮の満ち引きの時間と被っていたので、そのおかげだけではないかもしれません。

満月や潮の満ち引きの時間を調べると、もしかすると出産予定日が分かるかもしれません。

こちらも是非、1度調べてみてください。

出産後の入院について

出産後の入院は育児を教えてもらったり、手続きなどがあり、忙しい入院生活になります。

どんなことを教えてもらうのか、退院までどんなことをするのかについて載せています。

またしっかり聞いておいた方がいいことも載せているので、是非参考にしてみてください。

・カンガルーケアのメリット・デメリット
・陣痛が来たときの対処・連絡はいつする?
・どんな検査をする?
・病室は個室?大部屋?どっちがいい?
・出産費用はいくら?
・教えてもらうこと

初めての育児で知っておきたいこと

 

育児を始めてするという方は、赤ちゃんとの生活で戸惑うことが多いと思います。

私も出産前まで赤ちゃんと関わることが少なく、育児の知識はありませんでした。

些細なことでも調べることが多かったので、まとめてみました。

こちらも出産前に1度見ておくと楽になると思います。

是非参考にしてみてください。

育児をしていると、些細なことも気になってしまいます。
また助産師さんに教えてもらったことも載せていますよ。

avatar

・快適な室温は?
・赤ちゃんは夜行性?
・沐浴のやり方
・母乳やミルクの注意点
・赤ちゃんの洗濯ものは分ける?
・赤ちゃんのゲップ・しゃっくりの止め方
・赤ちゃんの爪の切り方
・赤ちゃんの髪を切るときの準備
・ベビーグッズについて

妊娠の注意点についてのまとめ

初めての妊娠や出産は、戸惑うことがとても多いと思います。

妊娠と聞くと、「つわり」は聞いたことが多いと思いますが、他にも体の変化がとても多くあります。

妊娠初期・中期・後期とそれぞれ体調も、体の変化も変わってきます

どの時期も、無理をしないようにしましょう。

また、妊娠予定日が近づいてくると、不安になり出産について調べてしまうこともあると思います。

そんな時はベビー用品や育児、安産の為の運動などをして、気を紛らわせてみましょう

赤ちゃんが家に来ると、「こんな時はどうしたらいいの?」「成長したらどうしたらいいの?」ということが、とても多いです。

出産前から少し見ておくと楽になりますよ。

出産前まで赤ちゃんと関わったことが少なかった私ですが、いろいろ研究しながら育児をしています。

育児が楽になるように、いろいろブログで発信しているので、他の記事も是非見てみてください。

avatar

タイトルとURLをコピーしました