妊娠中期の過ごし方【妊娠中期は楽しいことがいっぱい!赤ちゃんを迎える準備をしよう】

妊娠

妊娠中期と言えば、しんどかったつわりも収まっている方が多いと思います。

赤ちゃんも大きく育ちお腹も大きくなり、嬉しいこともたくさんありますよ。

またベビーグッズなども、そろそろ準備しなければいけません。

今回は妊娠中期の過ごし方や、準備すべきベビーグッズ・マタニティグッズについてご紹介していきます。

妊娠中期とは

妊娠中期とは、妊娠5~7ヵ月(妊娠16~27週)の時期のことを言います。

つわりも落ち着いたという方が多いと思います。

他にもどんな体の変化や嬉しいことが分かるのでしょうか。

定期健診の回数やどんな検査をするのかについて、詳しく紹介しているので参考にしてみてください。
妊娠中の定期健診の回数は?【何週間に1回?検診の費用は?】

胎動を感じる

妊娠中期になると、お腹の赤ちゃんも大きくなってきます。

だんだんと力もついていき、お腹を蹴ったり動くようになります。

早い人だと妊娠16週で分かりますが、18~22週に気づく方が多いようです。

ちなみに私は妊娠20週くらいだったと思います。

夜ソファーに横になっていた時に、初めて胎動を感じました。

感覚はお腹の中の空気がウニョンっと移動した感じでした。

始めはん?と思う程度でしたが、「なんかいつもと違う?」とこの感じ、お腹に集中すると「赤ちゃんだ!」と気づけました。

1回分かりだすと赤ちゃんの力も日に日に強くなってくるので、分かりやすくなると思います。

妊娠後期には手足を伸ばすので痛いほどになりますよ。

avatar

エコー写真

妊娠初期には心臓が動くところが見れますが、妊娠中期になるとはっきりと赤ちゃんを見ることが出来ます。

もしかするとエコーの時に、へその緒で遊んでいたり、指を吸ったりしているところが見れるかもしれません。

ちなみに私はエコーの時に、赤ちゃんがとてもよく動いていることがありました。

子宮の中にはまだ余裕があるので、プカプカと弾んでいました

病院の先生にも元気だね~と言われました。(笑)

行くたびに違った姿が見れるので、エコーがとても楽しみですよね。

エコー写真もアルバムで残しておくと、後から一緒に見れますね。


性別が分かる

妊娠6ヵ月くらいになると、赤ちゃんの性別が分かりやすくなります。

ただ赤ちゃんが背中を向けていたり、隠していることがあります。

ちなみにわが子は妊娠6カ月の時に女の子と言われていましたが、1ヵ月後には男の子ということに気づきました。

最近ではエコーも3Dで見ることが出来るようになったので、産まれる前に性別が分かることが多いです。

ですが、中期のころは間違えていることもあるので、ベビーグッズを買う時には性別に関係のないものから揃えていきましょう。

我が家ではエコー写真のアルバムを、女の子用で準備したくらいですんでよかったです。

avatar

また産まれるまで性別を知りたくないという方は、早めにかかりつけの先生に言っておきましょう。

大きな病院だと、その都度言っておいた方がいいかもしれませんね。

心音が聞こえる

これまではエコーで心臓が動いているのを見ることができましたが、心音もはっきりと聞くことが出来るようになります。

赤ちゃんの心音は大人と比べると早く脈を打ちます。

心音は赤ちゃんが健やかに成長しているか調べるうえでも、とても大切なことです。

無事に成長できているとお母さんも安心できますね。

妊娠中期のお母さんの過ごし方

妊娠中期になると体調も落ち着いてきます。

これまでつわりで動けなかったという方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんが産まれたときの準備ややっておいた方がいいことについてご紹介していきます。

安産祈願

体調やつわりが落ち着いたら、安産祈願に行きましょう。

戌の日に行くと縁起がいいとされていますが、時間帯によっては凶ということもあります。

また、参拝をするのが初めてという方も多いと思います。

初穂料や服装などについてまとめていますので、こちらの記事を是非参考にしてみてください。
>>安産祈願はいつ行くの?服装や初穂料はどうしたらいいの?【戌の日】

体重管理に注意

妊娠初期はつわりで食事が思うようにとれず、体重がほとんど変わらなかったという方が多いと思います。

私は食べつわりで始めから4㎏も増えてしまいましたが、妊娠中は栄養を蓄えようとすぐに体重が増えてしまいます

特に妊娠後期は体重が増えやすく、1週間に1㎏増えたということが3回もありました。

私は結局14㎏も太ってしまいました。

avatar

ママ、それは太りすぎだよ。

妊娠後期に備えて、体重が増えすぎないように注意しましょう。

医師から注意を受けていないという方は、体重管理のために運動をするようにしましょう。

例えば散歩やヨガなど激しくない運動をしましょう。

お腹が大きくなると、肺や心臓が圧迫され疲れやすくなるので、自分のペースで運動をすることが大切です。

ちなみに私は妊娠中期は梅雨や真夏だったので、外に散歩に行くのが嫌でした。(笑)

なのでステッパーを買い、家の中で運動していましたが、結構疲れます。

ステッパーは散歩よりも運動量が多いので、おすすめですよ。

テレビを見ながらでも出来るので、続けやすいと思いますよ。

回数やカロリーが表示される方が達成感があり、やる気も出やすくなると思いますよ。



マタニティグッズをそろえる

妊娠中期になると、お腹もどんどん大きくなっていきます。

今までは大き目の服で入っていたという方も、マタニティー用のボトムスを履くようにしましょう。

ボトムスやインナー、下着についてはこちらの記事にまとめています。
こちらも是非参考にしてみてください。
>>妊娠初期からマタニティ服にすべき?【下着やボトムスの選び方や注意点】

ベビーグッズをそろえる

妊娠中期はつわりも落ち着き、お腹もそこまで大きくないので、一番動きやすい時期です。

この時期からベビーグッズを準備していきましょう。

ベビー用品はベビーカーやチャイルドシートなどのお腹が大きく大きなものから、消耗品などまでいろいろあります。

買い忘れが無いようにしっかりチェックしておきましょう。

ちなみにおむつは新生児用を多めに買わないように注意しましょう。

2袋あったら次のサイズにしましょう。

また新生児の時はうんちが漏れやすいです。

後から使うようになりましたが、このメーカーのおむつを使っていればと後悔しています。
是非参考にしてみてください。
>>出産前に知っておきたい!おむつのおすすめと注意点・あると便利なアイテムも紹介

外出を楽しむ

赤ちゃんが産まれるとなかなか外食や旅行に行けなくなります。

産後はミルクを作ったり、グズグズ言ってしまうことがあり外出に行きにくくなります。

またつかまり立ちをするようになると、鉄板や焼肉、鍋のような危険なものも落ち着いて食べれなくなります

わが子は手を伸ばすのが早く、火傷しそうになったことがあります。

妊娠後期はお腹が大きくなり、思うように食事がとれなくなることもあるので、中期のうちに行っておきましょう。

旅行などは疲れやすいので、歩く距離や移動時間に注意しましょう。

妊娠中期の過ごし方のまとめ

妊娠中期はつわりも落ち着いたという方が多いと思います。

妊娠中期は赤ちゃんの胎動や心音、性別が分かったりと嬉しいことが多いと思います。

またどんどんお腹が大きくなり、疲れやすくなるので妊娠中期からベビーグッズの準備をしておきましょう。

ただ出産後はお母さんも疲れていたり、外食や旅行などになかなか行けなくなってしまいます。

つかまり立ちをするようになると、鉄板や鍋など危険なものを触ってしまう危険もあります。

妊娠後期にはお腹が大きくなり、思うように食事ができないこともあるので、妊娠中期のうちに外食や旅行に行っておきましょう。

安定期に入ったからと言っても妊娠中は体調が変わりやすいので、無理はしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました