出産・陣痛の痛い時間はどのくらい?【安産で産んだ時に意識したこと】

出産

みなさん、こんにちは。みーママと申します。

私は2018年に1人の男の子を無事に出産しました。

産む前は「出産に何時間かかるんだろう」「どれくらい痛いのかな?」「産後の育児はちゃんとできるのかな?」など、本当に不安でいっぱいでした。

ですが、いざ出産してみると思ったよりも早く出産ができたと思っています。

そんなみーママの出産の話と、その時に注意していたことについてご紹介していきます。

分かりやすい助産師さんの出産の動画も入れているので、そちらも是非参考にしてみてください。

avatar

出産前は特に何もしていない!

出産前は、病院や自治体でいろんな講習会がありますよね。

例えば、出産するときの呼吸法の練習や、お父さんも参加して妊婦さんと同じお腹の重さを体験してみる!というようなものが有名ですよね。

上記で「出産が不安」という話をしていましたが、私は全く講習会に出ませんでした。(笑)

また、マッサージをしたり体力作りをしたりという話も聞きますが、体重管理に散歩を少ししていたくらいでそんなに頑張って歩いてもいませんでした。

長時間寝るのがしんどかったので、お昼寝も毎日していましたし、本当にのほほんと生活していました。(笑)

ただ妊娠中は出産や産後の為に、体に栄養を蓄えようとします。

そのため1週間に1㎏増えるなんて、余裕でありました。

avatar

ママは3回もそんなことがあって、体重管理に優しい助産師さんも注意してたよ。

そうなんです!

食事量も全く変えていないんですが、どんどん増えてしまうんです。

なので体重管理は後半に余裕があるように、始めのうちは特に注意しましょう。

私は14㎏も増えてしまいました・・・。

出産中に意識したのは2つだけ

呼吸をしっかり意識する

実は出産前にベテランママさんから、1つだけ注意を貰っていました。

それは「陣痛で痛かったら呼吸を忘れるから、それだけはしっかりね!」というものでした。

なので、陣痛の時から出産の時まで、ずっとこれだけは意識していました。

出産中でよく「ヒッヒッフー」という呼吸をするラマーズ法が有名ですが、全く使うことはありませんでした。

それに医師や助産師さんからも「こう呼吸をして」と言われることもありませんでした。

とにかく意識していたのは陣痛が来たときには、「ゼエゼエ」とオーバーでもいいのでゆっくり呼吸をすること!これだけです!

ただ助産師さんや医師はプロなので、言われた通りにするようにしましょう。

ちなみに講習会など何も行ってませんが、助産師さんに上手だったよ!とほめてもらいました。

avatar

会陰切開をしないなんてムリ!

もう一つは子宮口が全開になってからは、「早く産まれてきて」と頑張っていました。

産まれるときはやっぱり痛いもの。

実際私は14時間かかりましたが、その中で痛いと感じたのは4時間もなかったと思います。

ゆっくり産んだら会陰切開をしなくてもいいのかもしれませんが、もうそんなことを言ってられませんでした。(笑)

子宮口が前回になってからの陣痛では、1回の陣痛で2回踏ん張っていました

助産師さんは「無理をしなくても大丈夫だよ。出来たらでいいよ。」という感じだったのですが、「早く出てきて~」という思いでした。

本能に任せる

私は出産は初めてでしたが、子宮口が全開になったことが体でも分かりました。

というのも、子宮口が開ききるまでは、力んでも赤ちゃんは降りてこれません。

なので「力み逃し」といって、力を抜くようにするのですが、子宮口が全開になると体が勝手に力みだすんです。

そしてなんとなくですが、子宮口から赤ちゃんの頭が出てくる感覚が分かりました。(笑)

もうそこからは本当に早いので、あとはもうひと頑張りです!

助産師さんの出産の動画

私は出産した後だったんですが、YouTubeをされている助産師さんが助産院で出産されている動画です。

一般的な病院とは違い、家のようなところで助産師さんと、いろんな方が立ち会って出産をされています。

結構フランクな感じですが、想像がしやすいかなと思います。

是非参考にしてみてください。

※胎盤やへその緒を切るところも含まれているので、苦手な方は注意してください。

みーママの出産はこんな感じ

陣痛

私が出産したのは、予定日よりも5日前でした。

ちなみに満月の日に勝手に産まれると思っていましたが、その日には産まれず陣痛が来るツボを押したら本当に陣痛が来ました。(笑)
巨大児、予定日を過ぎても生まれないと悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。
>>陣痛が早く来るようにするには?6つの方法【私はこれで来た!】

 

そして満月の日ではなく、〇日に産まれやすいのだそうです。
私も日にちや時間も当たっていてとてもびっくりしました。
調べてみると陣痛が来る時間も当てられるかもしれませんよ。
>>赤ちゃんは満月に産まれやすいって本当?実はその〇日後が産まれやすい!

そうなんです。無理やり陣痛を起こしたのか、満月の関係だったのかは分かりませんが、夜の1時ごろに陣痛が始まりました

陣痛が始まった瞬間、生理痛のような鈍い痛みがあったので、すぐに陣痛だと分かりました。

始めは30分間隔でしたが、2時間もしない間に10分間隔になり、病院に連絡しました。

私が出産する病院は車で30~40分のところにあったので、少し早めに病院に行くようにしましょう。

行く間に7分間隔になりましたが、正直普通に笑っていられるくらいであんまり痛くありませんでした。
 
病院に到着し、子宮口がどれくらい開いているかチェックされました。

チェックされたときから出血しだしたので、ナプキンをすぐに出せるように準備しておくと便利ですよ。

avatar

そこからベッドで横になり、心音を聞くためにお腹に機械をつけられます。

ですが、そこから陣痛の間隔が開くようになってしまいました

また一睡もしていなかったので、少しウトウトすることができました。

そのまま7時半になり、朝ご飯も普通に食べることができました。

陣痛が弱まってしまったので、一度帰宅するか言われましたが、往復で1時間半かかってしまうので、もう少し待機することにしました。

そこからは陣痛が来やすいように、病棟を散歩したりスクワットをしていました。

これは股関節を動かすことによって、子宮口が開きやすくなります。
また助産師さんがシャワーを浴びると血行がよくなり、陣痛が強くなりやすいと教えてもらいました。

avatar

そこから12時前くらいから本格的に痛みが強くなり、食事も軽くしか食べられませんでした。

そしてその時に子宮口が8㎝まで開いていたので、そのまま分娩室に移動しました。

この時分娩台に上るのが、本当に一苦労でした。(笑)

ここまで来るのに約11時間かかりましたが、陣痛が弱かったので普通に歩けるくらいの痛みでした。

ただ10時間たったくらいからどんどん痛みは強くなり、呼吸を意識してするようにしていました。

分娩台

ここからは本当に陣痛が痛く、「ゼエゼエ」と呼吸をしていました。

私は横を向いている姿勢が一番楽で、骨盤が緩んでいるので、上を向くのがかなりしんどかったです。

子宮口が8㎝開いたところから全開になるまでは、そこから1~2時間くらいかかりようやく全開になりました。

よく全開になるまでは「力んじゃダメ!」と言いますが、本能的に全開になると力んでしまうようになります。

医師に言われる前から力んでいました。

その力んでいる最中に、いきなり破裂するような感じで破水がありました。

いきなり何かがはじけた感じでした。(結構感覚は分かります)

あと本当に子宮口から赤ちゃんの頭が出てくるのが分かりました

出てくること自体は痛いと感じませんでしたが、お腹の中にもう一つ出口がある感じでした。

一般的にそこから(初めて産む方は)2~3時間くらい産むのにかかるようですが、1回の陣痛で2回力むようにしたのが良かったのか、1時間くらいで無事に産むことが出来ました

ちなみに会陰切開ですが、スパっと切られるのですがあんまりその時に痛みはありません。

切られた瞬間に赤ちゃんもするっと産まれてくれました。

その後はへその緒が、シュルシュルと出てくる感覚がありました。(笑)

その時から全く陣痛の痛みはありません。

あと胎盤が出るのですが、いつ出たか分かりませんでした。(笑)

ちなみに出産後に胎盤を見せてもらいました。
病院にもよると思いますが、お願いすると見せてもらえるみたいです。
結構巨大でびっくりしました。

avatar

産後


赤ちゃんが産まれた時、外にまで響く大きな声で産声をあげました。

あとから聞きましたが、親もびっくりするほど大きな声だったみたいです。

医師も「元気だね~」と笑われました。

avatar

お腹の中にいた時から、とっても元気!

赤ちゃんを綺麗に拭いたり、体重などを測定したあとに、カンガルーケアをさせてもらいました。

カンガルーケアとは、赤ちゃんが産まれて早く抱っこすることです。

カンガルーケアはメリットがたくさんあります。
病院にもよりますが、本人の意思でするか決めれますので、よかったらこちらの記事も参考にしてみてください。
>>カンガルーケアとは?メリット、デメリットはあるの?【実際にやって感じたこと】

赤ちゃんの手は本当に小さく可愛らしいのですが、しっかりと握り返してくれました

抱っこしてからは本当に大人しくて可愛かったです。

産まれた時の顔はすぐに変わってくるので、しっかりと写真に残しておくといいですよ。

ちなみに産後は、2時間くらい分娩台で安静にしなければいけません。

 

また力んだり、お腹が小さくなったからなのか、産後すぐはおしっこが出にくくなります

トイレに看護師さん?が一緒に入ってこられます。

私はその時は出ませんでしたが、あとから普通に出るようになりました。

ただ会陰切開をしていると、座るのも大変です。

当分の間はドーナツ型のクッションが必需品になります。

退院するころには痛みには慣れてきますが、退院してからも痛みはあります。

また、産後すぐに切開してもらったところは塗ってもらいますが、抜糸をしなくてもいい糸を使っているらしく、自然に感知していきますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

出産予定日が近づいてくると、赤ちゃんに会えるのは楽しみですが、痛みやどのくらい時間がかかるのか心配ですよね。

ですが、陣痛が始まっても笑っていられるくらいの痛さで、子宮口が7~8㎝くらいになってくると痛みが強くなってきます。

分娩台に移動してからは、私は早く感じました。

考えすぎると怖くなってしまいますので、ベビー用品の準備や赤ちゃんとの生活についてのことを考えるようにしてみましょう。

いざ始まってみると、体重やミルクの量、便秘になった時など気になることがたくさん出てきます。

育児が不安という方は、室温から沐浴のやり方など、赤ちゃんと生活がスタートする前に知っておきたいことをまとめているので、こちらを参考にしてみてください。
>>赤ちゃんとの生活がスタート!室温から準備するものまでご紹介【まとめ】
タイトルとURLをコピーしました