出産後の入院生活はどんなことをするの?【意外に忙しい5日間】

出産

出産が終わった後、病院では赤ちゃんやお母さんの体調を見たり、育児をしていくためにいろんなことを教えてもらいます

入院生活は一般的に5日間で、振り返ってみると忙しい入院生活だったなと思いました。

初めての育児であれば、退院してから不安という方も多いですよね。

病院ではどんなことを教えてもらえるのか、どんなことをするのか気になりますよね。

今回は入院している時にしっかり聞いておいた方がいいこと、注意点についてや、どんなことをしたのか、日にちごとにご紹介していきます。

私が出産した病院の特徴

まず私が出産した病院について簡単にご紹介します。

個室や大部屋などによっても違いますが、一般的な病院では「赤ちゃんがいる授乳室に会いに行く」というところが多いかと思います。

私が出産した病院は、病室で24時間(大部屋は夜9~朝7時まで預かってもらう)赤ちゃんと過ごせました

基本的にやることはあまり変わらないかなと思うので、是非参考にしてみてください。

また私が出産した病院では、カンガルーケアを推奨されているところでした。
全員しないといけないわけではないので、メリット・デメリットと実際に私が体験した話を載せています。
>>カンガルーケアとは?メリット、デメリットはあるの?【実際にやって感じたこと】

出産した日(0日目)

私が出産にかかった時間は、陣痛が来てから14時間かかりました。

一度かなり陣痛が弱まったので、本当にしんどかった時間は4時間くらいでとても安産だったなと自分で思っています。

私が出産した時のお話や注意点についてはこちらの記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。
>>出産・陣痛の痛い時間はどのくらい?【安産で産んだ時に意識したこと】>>陣痛・前期破水が起きたときの対処法!いつ病院に連絡すべき?

私が出産した時間は3時くらいでしたが、産後分娩台で2時間くらい安静にしておかなければいけません。

そこから着替えたり、病室に移動したりバタバタしていたので、あっという間にその日は過ぎました。

その日は夜中の1時から陣痛が来ていて、朝方ウトウトしていたくらいだったので、ほぼ徹夜だったので睡眠薬を貰って寝ました。

もし出産した時間が早かったら、赤ちゃんと触れ合える時間があるかもしれないですね。

今思うと「母乳をあげるのに薬を貰って大丈夫だったのかな?」と思いますが、なかなか母乳が出なかったのである意味よかったです。

avatar

入院生活1日目

入院生活1日目は、朝から赤ちゃんが病室に来てくれました。

今まで赤ちゃん扱いに慣れておらず、泣かれたら怖いという思いがありましたが、わが子はとてつもなく可愛く感じました。

avatar

avatar

それは僕がかわいいからだよ!

そこから赤ちゃんのお世話のやり方を教えてもらいました。

例えば、ミルクや授乳の仕方、おむつの変え方など、基本的なことからです。

ちなみに、赤ちゃんの初めてのうんちはお腹の中にいた時のものが出ます。

ミルクを飲んだうんちとは違い、結構拭き取るのが大変ですが、始めだけなので安心してください

また、病院での注意事項などを聞きます。

例えばお風呂やご飯の時間、設備や入院生活でやることなどを聞きます。

「出産後お風呂に入れるの?」と不安な方もいると思いますが、正常分娩の方は次の日からシャワーを浴びることが出来ます

私は会陰切開をしましたが、全然普通には入れました。

ちなみに、湯船は1ヶ月間は入れません

産後1ヵ月の検診の時に異常がないと入ることが出来るので、自分で判断しないように注意しましょう。

また毎日助産師さんが、母乳やお腹の状態を見てくれます。

初日はいろんなことを聞いたり体験することが多いです。
ちょっと忙しい1日になるかもしれませんね。

avatar

avatar

お見舞いにもいろんな人が来てくれるしね!
まあ僕に会いたいからだけどね!えへ

入院生活2日目

 

入院生活2日目も、新しいことがたくさんあります。

まず赤ちゃんが先天性代謝異常症等検査・聴覚検査という検査を受けます。

特に先天性代謝異常症等検査は大切で、たくさんの検査をしてもらいます。

検査の内容や費用などについては、こちらにまとめていますので、是非参考にしてみてください。
>>先天性代謝異常症等検査・聴覚検査とは?【赤ちゃんの入院中の検査】

次に赤ちゃんに、K2シロップというお薬を飲ませてあげます。

K2とはビタミンなのですが、赤ちゃんに不足しがちな栄養です。

このビタミンK2は、血液を固める作用があります。

このビタミンK2が不足してしまうと、産まれたばかりの赤ちゃんは内臓などの機関が未発達なこともあり、体内で出血が起きてしまうと、命や今後の生活に支障が出てしまうことがあります。

その為、退院してからも数回あげなければいけません

ただシロップになっているので、甘く20mlしかないので、飲ませることはとても簡単です。

ですが、空腹のときにあげないといけないのと、その後泣いても30分間はミルクや母乳をあげてはいけません

少し可哀そうと感じますが、赤ちゃんの為なのでかんばりましょう。

我が家では、K2シロップを飲ませて沐浴をし、その後にミルクをあげるようにしていました。
赤ちゃんもお腹が減っているので、30分待つのは結構大変でした。

avatar

入院生活3日目

入院3日目は、予定はなく赤ちゃんのお世話に集中できたかなと思います。

3日目か4日目に、沐浴のやり方を教えてもらえると思います。

私は予定がずれ込み、4日目に教えてもらいました。

助産師さんが入れながら説明してくれるのですが、しっかりと動画を撮らせてもらいました

やり方が不安という方は、動画を撮らせてもらっておくと安心ですね。

avatar

沐浴のやり方は詳しくこちらに書いているので、是非参考にしてみてください。
>>初めての沐浴も安心!やり方をチェックしておこう【おすすめグッズもご紹介】

また、3日目にして、大部屋から個室に引っ越しをしました。

「大部屋でも大丈夫だろう」「5日くらい我慢できる」と甘い考えでしたが、私の体質だったり部屋の配置で3時間くらいしか寝ることが出来ませんでした

なのであと2日というところでしたが、個室に変更してもらいましt。

産後は物音に敏感になっていたり、体が疲れているので、個室の方がおすすめです。

体験談も詳しく載せているので、こちらも参考にしてみてください。
>>産後の入院は個室?大部屋?入院生活はどんな感じ?【体験談有】

また、この日の夜の助産師さんの検診で、母乳が少しだけ出るようになりました。

「出産すると自然に母乳が出る」と思っていましたが、なかなか出てくれず悩んでいましたが、ある助産師さんに出会って出るようになりました。

私はゴッドハンドの助産師さんと勝手に呼んでいます。(笑)

avatar

この助産師さんに母乳マッサージをしてもらったのですが、2分くらい自分でもできる痛くないマッサージをするだけで、出るようになりました。

同じように「母乳がなかなか出ない」と悩んでいる方に、読んでいただきたいと思います。

やり方もとても簡単なので、是非試してみてください。
>>母乳マッサージは痛くない?母乳が出ない!【ゴッドハンドの助産師に出会う】

入院生活4日目

いよいよ入院生活もあと1日になりました。

この日も退院に向け準備や説明があり、忙しい1日になります。

まずお母さんの診察があります。

悪露や子宮の戻り具合などを見てもらいます。

その後退院してからの注意点なども聞くことが出来ますので、心配なことがあればしっかり聞いておきましょう。

ただ退院した後に、1週間・1ヵ月検診があります。

1週間検診は任意のところもあるようですが、いざ赤ちゃんとの生活がスタートすると「ゲップがうまく出せない」「赤ちゃんが便秘になった」など、生活してみて分からないことがどんどん出てきます。

母乳の出なども見てもらえるので、1週間検診はしておくことをおすすめします。

退院後1週間で、分からないこと、聞きたいことがあればメモを取っておきましょう

また、出生届や退院後の話(1週間・1ヵ月検診の予約など)、退院の準備などがあり忙しい一日になります。

ちなみにこの日もK2シロップがありますよ。

分からないこと、うまくできないことがあれば、この日にしっかりと聞いておきましょう。

avatar

入院生活5日目

入院5日目、今日で退院します。

退院は午前中で出来るところが多いと思います。

この日は借りていたものを返したり、支払いをするだけです。

出産費用や支払い方法の注意点はこちらにまとめていますので、参考にしてみてください。
>>出産費用はいくらかかる?都道府県別の平均的な費用と私が実際にかかった費用は?

退院は10~11時くらいに出来ました。

入院生活のまとめ

ここからは赤ちゃんとの生活がスタートします。

この1ヵ月は赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごします。

お母さんもしっかりと体を休めましょう。

生後1~2ヵ月半くらいは、1日のうちで最も泣いている時間が長い「泣きのピーク」と言われる時期になります。

この時に備えて、体力を戻しておきましょう。

赤ちゃんとの生活で私が困ったこと、調べたことについてはこちらにまとめています。
初めて育児をするという方は、1度読んでみてください。
>>赤ちゃんとの生活がスタート!室温から準備するものまでご紹介【まとめ】

今では1歳になり、立てるようになりました。
赤ちゃんの成長は早く、顔もすぐに変わってきます。
あっという間に大きくなってしまうので、しっかり写真も残しておきましょう。

avatar

タイトルとURLをコピーしました