つわりは1種類じゃない?いつからいつまで続くの?【対策】

妊娠

妊娠が分かると赤ちゃんがお腹の中で動いたり、産まれて会えるのがとても楽しみですよね。

ですが始めに不安に感じるのがつわりの症状ではないでしょうか。

私も子供は欲しいと思ってはいましたが、近くに妊婦さんや赤ちゃんがいる友達がおらず、不安になりました。

つわりは赤ちゃんを育てるために体が変化していることなので、薬を飲んだり何か対策をすることは難しいです。

ですが、つわりの種類によって気をつけることを知っていると、心構えになったり、後から苦戦することも減ることがあります。

今回はそんなつわりの症状や注意点、いつからいつまでという期間などについてご紹介していきます。

妊娠中は足がつりやすくなったり、横になると足がムズムズして寝不足になることがあります。
特にむずむずする症状が出ることを知っている方は少ないと思うので、是非試してみてください。
>>足がつる・むずむずして眠れない!【対処法と妊娠中になりやすい原因】

つわりの期間はいつからいつまで?

つわりは一般的に妊娠5~6週ごろから始めり、12~16週ごろまで続く人が多いです。

ですが、体の変化は人それぞれで変わってきます。

なので、つわりがほとんどない人もいれば、長い方もいらっしゃいます。

赤ちゃんを育てる体に変化しているので、ホルモンバランスが変わりつわりがおこると言われています。

その為つわりは胎盤が完成する妊娠16週には落ち着くことが多くなります。

ちなみに私はいつから始まったというのはっきりとは分かりませんでした。

あとから詳しくご説明しますが、濃い味のものがやたら食べたくなり、食欲がだんだんとあがっていきました。

終わったころは妊娠16週までには終わっていました。

ですが、私の友人は妊娠中期には一度落ち着いたこともあるようでしたが、妊娠後期までもどしてしまったり気分が悪く横になっていることが多かったようです。



つわりにはピークがある?

妊娠5~16週くらいの期間つわりは続きますが、その中でもピークがあります。

一般的に妊娠8~11週の人が多いと言われていますが、こちらも個人差があります。

私は3つくらいのつわりを体験しました。

変わる時に「もう終わったのかな?」と思うほど楽になりましたが、次のつわりが始まってしまいました。

ですが胎盤ができるまでの辛抱です。

妊娠は生涯で数回しかないと思いますので、しんどい時にはしっかりと家族に協力してもらうようにしましょう。

また家事などは手抜きをし、体を大切にしましょう。



つわりの種類

つわりと聞くと「ご飯が炊けるにおいで気持ち悪くなる」というイメージがある方が多いのではないでしょうか。

ですがつわりは1種類だけではありません

そして、私も実際になりましたが、1つのつわりが終わったら、また別のつわりが始まったり、同時にいくつかのつわりが合わさることもあります。

ではどんなつわりがあるのでしょうか。



 

吐きつわり

吐きつわりとは胃のあたりが気持ち悪く、吐き気がおこってしまう症状がでます。

楽になる時間帯もありますが、常に車酔いや二日酔いが続いているような状態です。

その為、食事をするのがしんどく、せっかく食べても吐いてしまうことがあります。

症状がひどい場合には、脱水症状や栄養失調になってしまいますので、通っている産婦人科の先生に相談してみましょう。

「食べれないと赤ちゃんに栄養がいかないのでは?」と心配になりますが、赤ちゃんはまだとても小さく数ミリしかありません。

そのためまだ栄養もそんなにいりませんので、無理をする必要はありません。

食べれるときに食べれそうなものを食べるようにしましょう。

また、食事がうまく取れない時には、小分けにし食事回数を増やしたり、こまめに水分補給をするようにしましょう。

妊娠した時よりも体重が減ってしまっている場合にも、通っている産婦人科の先生に相談しましょう。



 

食べつわり

食べつわりとは空腹になると気持ち悪くなってしまう症状がでます。

そのためお腹が減ると何かを食べたくなり、食事の間にも何度か食べないと気分が悪くなってしまいます

甘いものが食べたくなる人や、塩っぽいものが食べたくなる人がいますが、私はとにかく味の濃い物が食べたくなりました。

私は食べつわりの時はまだ仕事をしており、事情は話していましたがご飯までに2,3回はお菓子やフルーツを食べるようにしていました。

お腹が減るのも早くなります。

つまみ食いをしていると、2ヵ月もたたないうちに4キロも太ってしまいました。

妊娠中は栄養を吸収しやすくなります。

後から体重管理が大変になりますので、今のうちから増えすぎないように注意しましょう。

カロリーの少ないものを選んだり、少しウォーキングやヨガ、ストレッチなどをしてみたり(医師に相談し、どこまでの運動をしていいか確認しましょう)、体重管理に注意しましょう。

 

においつわり

においつわりとは、特定のにおいに敏感になり、気分が悪くなってしまう症状です。

先ほどもご説明した「ご飯が炊けるにおいで気持ち悪くなる」のも、このにおいつわりです。

私も食べつわりの後に、においつわりになりました。

ご飯の炊けるにおいなどは気分が悪くなることはありませんでしたが、たばこと人の口臭のにおいがダメになりました。

外出をするときにはマスクをつけるようにすると、かなり楽になりますよ。

また、私は暑くなる時期につわりになったので、涼しくしていると楽になりました。



眠りつわり

眠りつわりとは夜にしっかり寝ていても昼間に眠気がくる症状がでます。

ホルモンバランスや体が変化したり、赤ちゃんを育てるためにエネルギーを使いますので眠気がでることがあります。

仕事をしている方や、育児(二人目の妊娠の方)をしている方など、日中も眠気に襲われてしまい、集中力が続かず大変かと思います。

仕事をしていると難しいと思いますが、昼休憩や子供さんと一緒にお昼寝をするようにすると少し楽になりますよ。

私が前に働いていた仕事場の妊婦さんは、妊娠後期にも眠気が続き、帰り道のベンチで寝てしまうことがあるほど眠気に襲われるそうです。

眠気が来るのは体が疲れている証拠です。

無理をせず、しっかりと休むようにしましょう。



よだれつわり

よだれつわりとは、唾液の分泌が多くなり、飲み込むときに気持ち悪さを感じる症状です。

よだれつわりは聞いたことがない方も多く、イメージしにくいかもしれません。

ですが、口を閉じているとどんどん唾液が溜まってしまい、吐き出したくなります

私もよだれつわりになりましたが、2人分の食器を洗うのに5回くらい吐き出すくらい多く分泌されます。

対策としてはこまめに水分を補給したり、飴やガム等を食べれば、楽になることがあります。

あまりよくならないときにはトイレで吐き出したり、ウェットティッシュやポケットティッシュに吐き出すようにしてみましょう。

外出中の時には、ビニール袋やジッパー付きの袋に使ったティッシュなどを入れるようにしましょう。



つわりのまとめ

「つわり」と一言で言っても、今まで知らなかったつわりがあったという方が多いのではないでしょうか。

つわりは種類によって症状が変わるので、対策の仕方も変わってきます。

脱水症状や栄養不足になったり、後から体重管理が大変になったりと不安なことがあると思います。

自分で大丈夫と思わず、医師に相談するようにしましょう。

・吐きつわり
・食べつわり
・においつわり
・眠りつわり
・よだれつわり

つわりは胎盤が完成する妊娠16週までの我慢です。

妊娠は生涯のうちでも数回くらいなので、つわりの時くらいは周りの方に助けてもらい、十分に体を休めてあげましょう。

つわり時期の男性や女性の行動で、離婚をしやすくなってしまいます。
「あの時こうだった」と後から思うことも。
女性もホルモンの乱れで仕方ないと思わず、意識することが大切ですよ。
>>つわり中は離婚の危機?【男性も女性も知っておくべきこと】





タイトルとURLをコピーしました