ブラックリストに登録されるとはどうゆうこと?【間違えて登録された時の対処法】

離婚

よく「ブラックリスト」とという言葉を聞くことがありますよね。

ブラックリストに登録されてしまうと、

「大きな買い物をしたときにローンが組めない」

「クレジットカードを新しく作ろうとしたときに審査に落ちる」

こんなイメージがないですか?

ですが、実際には「ブラックリスト」というもの自体は存在しません。

「ブラックリスト」がないとしても、呼び方が違うだけでリストには載ってしまうんです。

今回はそんなブラックリストについて詳しくご説明していきます。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは「事故情報」

ブラックリストはないといっても、クレジットカードの審査や、ローンが組めないということがありますよね。

そんな情報は「事故情報」として登録されています。

事故情報とは、例えば

・クレジットカードの支払いが数ヵ月遅れてしまった

・自己破産をした

・任意整理(借金の金利を減額する手続き)

など、支払いを滞納していたり、返済するものがありローンが組める状態ではない場合など、5~10年登録されます。

この情報は「信用情報機関」というところで管理をされており、5~10年は削除されることはありません。

クレジットカードの会社や銀行は、審査をするときにはここに確認が入ります。

ですが、5~10年もすれば情報は削除され、またクレジットカードを作ったり、ローンを組めるようになってきます。

その間は新しくクレジットカードを作らなくてもいいという方はいらっしゃるかもしれませんが、家やマンション、車を購入するときにローンが組めないとなると、現金で一括で支払うしかなくなってしまいます。

そんな大きな買い物であれば一括で支払いをするのは、ほとんどの人が難しいですよね。

誰もがブラックリストには載りたくないものですが、お金の管理には注意しましょう。

ブラックリストに載ってるか確認できる

「ローンが組めなかった」「クレジットカードが作れなかった」という場合には、どうしてできなかったのかということを、自分で確認することができます

まれですが、同姓同名による間違いや悪用されており、ブラックリストに載っていることもあるので、身に覚えがないという方は下記から確認することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ブラックリストに載りたいという方はいらっしゃらないと思いますが、自己破産などやむを得ない場合にもブラックリストに載ってしまいローンなどが組めなくなってしまいます。

思わぬ出費で支払いが難しい場合には、早く対処した場合にはブラックリストに載らないことがあります。

確認の電話が来た時には、早急に対応するようにしましょう。

ブラックリストには5~10年情報が残ってしまいます。

今は支障はないかもしれませんが、将来自分がやりたい道や結婚の話が出たときに困ることが増えると思います。

5~10年といえばかなり長い期間になりますので、自分の将来も考え、滞納などは絶対にしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました