ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 10】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月

産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。

今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 10】

前回は賃貸で借りるマンションが決まり、いよいよ契約をすることになりました。

契約者はもちろんブラリ旦那です。

そして、保証人も相手の兄弟になってもらうことになりました。

その時に私はすでに仕事をしていなかったので、家賃も支払いをお願いしていました。

そして、不動産屋さんから「敷金礼金などを今月末までに振り込んでください」ということでしたが、ブラリ旦那は「給料が月末に入るので、払えない」という話になりました。

「・・・え?マンション借りるって話になっていたのに、なんで?」と思っていましたが、結婚指輪を買ってもらったので「一括で払うことが難しくなったのかな?」という甘い考えでいました。

そしてすでに契約段階に入っていたこともあり、私の貯金から全額出すことになりました。

50万円弱ですね。

そしてその時に私の貯金額をブラリ旦那に見せました。

この1年間で100万円貯めたので、ブラリ旦那も「それだけあれば自分が払わなくてもいい」と思ったのかもしれませんね。

ちなみに相手の貯金は「あんまり貯金できてないから恥ずかしい」ということだったので、見せてもらえませんでした。

敷金礼金を一括で払えなくても、年収400万円以上ということは知っていたので、30万円は少なくても貯金があるだろう、節約していけば貯金もできると甘い考えでした。

そして1年くらいでこの賃貸は解約することになりますが、結婚前に貯めたものは夫婦のものではなく、私の財産になります。

ですが、私には敷金は返ってくることはありませんでした。

むしろ1年で解約すれば汚れているものも少なく、ほとんどの敷金が返ってくるはずですが、むしろプラスで請求されることになるんです。

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 11】

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました