ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 13】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月

産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。

今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 13】

前回は家賃が2ヵ月も払えないという話でしたが、まだ支払いができないものがたくさんあります。

まず私は結婚をするときに会社を辞めたのですが、会社の手続きがかなり遅く、保険や年金の手続きが遅れていました。

3ヶ月分くらい溜まっている状態でしたが、それも払ってもらうという約束をしていました。

年金や保険料、所得税など、3ヵ月分となると、結構な金額になります。

私は溜まっていることを言ったいたので、貯めていてくれていると思っていました。

ですが、家賃すら払えない状態では、払っても耐えるわけもありません。

そして、年金はともかく、所得税や保険料も滞納するわけにはいきません。

ましてや妊婦さんにとって保険証はとても大切です。

これらももちろん私の貯金から払いました。

ですが、さすがに出産するや定期健診の費用がかかるので、このまま貯金を減らすわけにはいきませんでした。

なので年金だけは滞納するしかありませんでした。

 

そして他にも私の携帯の料金なんて、これまで1回たりとも支払っても経ったことがありません。

もちろん払うと前は言ってもらっています。

どうやって逃げ延びたかというと、「忘れていた」「親に手続きをお願いしている」と親のせいにしていました。

そして、携帯ショップに言ったときは、処理出来ていないことを私に言わず、ずっと払ってもらえませんでした。

もちろん払ってもらえてないことは分かりましたが、里帰り出産になり、そのまま放置されていきます。

 

そして、これだけ支払いが出来ていないにもかかわらず、仕事から帰ってきたときになにやらゴソゴソしていたんです。

のぞいてみると実家に届いた荷物を見ていたんです。

家に届くようにすると私にバレるからなのか、実家で荷物を受け取ってもらっていたんです。

しかもスーパーくらいしか外出もしないのに、服を購入していました。

 
もうこれは大説教です!

生活が出来ない状態なのに、服を買う余裕を見せていることにもびっくりですし、実家に届くような孤独な手をつかっていることにもイライラが止まりませんでした。

このころにはすでにマタニティのボトムスを履いていましたが、これももちろん自分で購入しました。

生活ができないし、自分のものなのに「買って」というのも申し訳ないと気を使っていたのに、ブラリ旦那はきっと払わなくていいことをラッキーとしか思っていなかったんでしょう。

そして無駄遣いはこれだけではありませんでした。

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 14】

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました