ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 20】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月
産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。
今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 20】

前回は里帰り出産前についての話をしました。

今回からは、いよいよ里帰り出産で実家に帰ります。

まず、その当日についてです。

ブラリ旦那は詳しくは分かりませんが、精神安定剤をたまに服用します。

というのも、自律神経失調症かもしれないそうです。

「かもしれない?」というのは、ブラリ旦那本人も分かっていないからです。

健康保険の費用を払っていないからなのか、病院が嫌なのかは分かりませんが、とにかく直そうという意思はなかったようです。

家系がそうなのか分かりませんが、家族も薬を飲んでいるようで、病院に行かずに家族から薬を貰っているみたいでした。

その薬を家族から貰っていることにもびっくりしましたが、仕事に支障が出ることがあっても病院にもいかないことが信じられませんでした。

ちなみにこのタイミングでお話をしたのが、毎回私の実家に行く時に薬を飲むんです。

体が拒否反応をしているのは仕方がないのかもしれませんが、あからさまにゆっくり走ったりつくのを遅らせるんです。

ちなみに人の実家に行くが嫌なのは、里帰り出産後にかなり分かりやすいことが起きます。

 
そして、人の実家に行くのは嫌なのは少し気持ちは分かりますが、私は毎週のようにブラリ旦那の実家に連れていかれていました。

妊娠中でしんどいこともありかなり行きたくなかったですが、「いやなん?」みたいに聞かれてくるので、しぶしぶ行っていました。

しかも、「お母さんに〇〇聞いてみて?」というと、「アドレス知っているんだから、直接聞けばいいじゃん!」と言われるんです。

たまに車を運転しているときに、「ちょっと聞いてみて」というと、「運転してるんだから聞けばいいじゃん。事故れってこと?」といつも携帯を触りながら運転しているくせに、そんなことを言われます。

そのくせ人の親の時には「聞きにくいから聞いて」と言われます。

 
ちなみに、ブラリ旦那の家族と顔合わせみたいな感じで食事をしたことがあったんですが、焼肉に連れていかれました。

初めて会う人と焼肉に行くのって、かなり気を使いませんか?

例えば、「自分が焼きます!」と言ってみたものの、焼けた肉を人のお皿に入れていいものか悩みませんか?

この部位はもういらないとかお腹いっぱいだったり、焼き加減もちょっと気になってしまいます。

それに自分のお皿に入れるのも気を使いませんか?

焼肉の場合には、放っておくと焦げてしまうので難しいですよね。

 
ブラリ旦那もうちの実家でご飯を食べるのが嫌なのでしょう。

昼過ぎにつくように毎回時間を調節されます。

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 20】 

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました