ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 27】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月
産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。
今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 27】

前回は私の実家に来る予定を、4回連続でドタキャンしたという話でした。

私の実家は住んでいたところから少し距離があったので、相手の兄弟に赤ちゃんを合わせていませんでした。

※当時の兄弟(姉)は味方をしてくれていましたが、途中から敵になります。(笑)

妊娠中もアドバイスなどにのってもらっていたり、「赤ちゃんに早く会いたい」と言ってもらえていました。

なので「〇日には帰れそうです。その時におうちに寄りたいのですが、予定は大丈夫ですか?」みたいなやり取りをしていました。

ですが、こんなにドタキャンをされていたら、その都度「その日は帰れなくなりました」と報告しなければいけません。

もちろんブラリ旦那のせいであり、今思えば私が誤ることではないのですが・・・。

もうこちらもこれだけ続くとイライラしてしまいますし、妊娠中からも連絡がなかなか取れず困っているという話をしました。

すると姉が「私が話してあげる」ということになりました。

さすがにこれまでのお金の管理が出来ていないことは、言わないであげたという私の優しさ!

※のちに全てばらしましたが(笑)

もちろんそれを聞いた姉も「信じられんね」という対応をしてくれました。

私から何度言っても聞かないのであれば、もう言われるのは当たり前ですよね。

 

ちなみに私は子供の成長を一緒に喜んでほしかったので、写真をよく送っていました。

それに対しては「可愛いね」というような返答はしますが、子供のことについては1回だけ「今寝てる?」くらいしか聞かれたことはありませんでした。

1ヶ月以上あっていないのに、「他に聞きたいことないの?」と言っても「何を聞けばいいん?」という反応でした。

この対応に、一緒に住んだとしても赤ちゃんの面倒も見る気がないんだなと感じました。
 
というかこれだけドタキャンをされると、迎えに来る気もないって思いますよね?

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 28】 

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました