ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 29】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月
産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。
今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 29】

前回はこれまでブラリ旦那が隠していたことが発覚しました。

10万円の借金くらい2,3ヵ月あれば返せる額です。

むしろ私の貯金で何とかできました。

ただこれまでもお金に関してルーズだったことと、もう信用ができなかったので、私から出すということはこの時は考えていませんでした。

 

そこから数日が経ち、いざ帰る日が決まりました。

改めて来た日、家族で迎えましたが、ブラリ旦那は私の両親に軽く誤っただけ。

まあそんなに強く言うことではないかなと思い、何も言いませんでしたが。

ちなみに私の兄弟が初めてブラリ旦那にあいましたが、感想は「クレ〇ンしんちゃんのぼーちゃんみたいだね」でした(笑)

イメージですが、学生みたいでのほほんとしているってことですね。

そんなイメージだから「優しい人」という印象があるのでしょうが、結局は何も言わず、人が苦しもうが無視をする人なんです。

何も言わないから優しいのではなく、何もできない弱虫、もしくは責任感も愛情もない人だと後から感じました。

 

ちなみに長期の連休が終わりに近かったので、荷物の関係で二日続けて来いという話になっていたのですが、実はその次の日は来ませんでした。(笑)

というのも、ブラリ旦那の兄弟が集まった時に風邪(?)をうつされたらしく、迎えに来たその日の夜に嘔吐するほど体調が悪いというものでした。

ただこれまでドタキャンを繰り返してきていたので、私の家族(もちろん私も)嘘だと思っていました。(笑)

1,2日くらいは本当だったのかもしれませんが、その後の数日は仮病のように感じましたが。

次はいよいよ家に帰ります。

ここから離婚を決めるのに、そう時間はかかりませんでした。

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 30】

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました