ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 7】

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン

これは実際の私の離婚の話です。

結婚してから一緒に住んだ期間は6ヵ月

産後3ヵ月で離婚を決意し、幼いわが子を連れ別居。

結婚生活は嘘をつかれ、生活費もろくに入れてもらえず、お金にルーズなブラリ旦那に苦しめられました。

離婚を進めるにもほとんど無視、養育費も払おうとしない非常識なブラリ旦那

次から次に問題が起きますが、すべてノンフィクションです。

今離婚をするか悩んでいる方、シングルマザーになる方へ、少しでも勇気を与えられたらと思っています。

また、結婚を失敗しないために参考にしていただければと思っています。

※一部不快な表現が含まれる可能性があります。予めご了承ください。

ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 7】

私は食べつわりよりもにおいつわりにとても苦しみました。

もちろん食べつわりは食べていれば楽になるのですが、1ヵ月の間で4㎏も増えてしまいました。

本当はこの期間は太ってはいけない時期なので、後から体重管理はとても苦戦しました。

 

前回においつわりはたばこと口臭のにおいで、気持ち悪くなるという話をしましたが、このにおいつわりになると産後しばらくまでにおいに敏感になりました。

例えばマンションの1階でたばこを吸っている人がいた場合、建物の構造にもよりますが2~4階の窓が開いていれば分かるほどでした。

そんなにおいに敏感な時期に、ブラリ旦那は何も対策をしてくれません。

もちろん「口が臭い!」なんてこちらも気を使いますし、何回も言いたくないものです。

ですが、歯磨きの回数を増やしたり、ガムをかむなどの対策なんて全くしてくれません。

しかもですよ!

籍を入れてから安心したのか、夜歯磨きをせずに寝ることもあったんです。

朝も歯磨きをしない、寝ているときも口が開いていてよだれを垂らしている、口呼吸が多い。

これってもう口臭がひどくなる原因ばかりですよね。

本当に枕だけでなくシーツにもよだれが垂れるので、一緒に寝る子ともできなくなりました。

腰が痛いからソファーで寝ると言っていましたが、本当に吐き気が止まらないんです。

後から思うと、ブラリ旦那もこのつわりの時期から溝が産まれていったのかもしれません。

 
ただこのつわりの時期は女性が「こんな人と結婚するんじゃなかった」と後悔することが多いと思います。

例えば気分が悪いのに、同じ部屋でテレビを見ながら笑っていたり、体調が悪いのにご飯を作るのを待っていたり・・・。

他の人の話では「つわりは病気じゃないんだから」と、つわりの症状を大げさにしているようなことも言われることがあります。

もちろん男性の方も仕事が大変だったり、残業で遅く家事をする暇もないかもしれませんが、二日酔いが1ヵ月以上続くことをイメージしてみてください。

このつわりの時期や妊娠後期、産後の3ヵ月くらいまでは本当にしんどい時期です。

女性は何をしてほしいか聞いてもらうのが一番嬉しいと思います。

不器用でも手伝ってくれる、心配してくれているという気持ちが夫婦円満につながると思います。

to be continued

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【Story 8】

>>ブラリ旦那と離婚までのカウントダウン【まとめ】

タイトルとURLをコピーしました